印象に残った言葉 3

昭和32年、名人位を獲得し、
王将・九段を合わせ、史上初の三冠王となった時に残した言葉。

「たどり来て 未だ山麓」


升田幸三
 (昭和27年、木村義雄名人を破り王将位獲得。 昭和31年には大山康晴名人に対し、「名人に香車を引いて勝つ」という将棋史上空前絶後の記録を残した人物。)


「ぼくはある結婚式で、近眼のこまい男と隣り合わせたことがある。 その人、背をかがめて、こう丸くなっておった。 どうも妙な人だなと思いながら、しばらく見ているうちに、わたしゃ気持ちが、スーっとしてきた。 なんかこう、ちょっとただものではないという感じでね。 しかし、何をしている人か、見当がつかない。 とにかく式には、堂々たる人がいっぱいきていたが、ぼくはこの人が一番だなと思った。 この人が、棟方志功さんだったんですよ。 私はあの版画、好きでね。 それでのみこめた。 隣のおっさんの持っている雰囲気が。 やはり徹した人は違うなと思いましたよ。」

升田幸三 「勝負」(中央文庫)より


「行動には危険や代償が伴う。 しかし、それは、行動せずに楽を決めこんだ時の長期的な危険やコストと比べればとるに足らない。」

ジョン・F・ケネディ


「学んだことを復習するのは覚えるためではない、何回も復習するうちに新しい発見があるからだ。」

ユダヤの格言


「家が貧しくても、体が不自由でも、決して失望してはいけない。 人の一生の幸も災いも、自分から作るもの周りの人間も、周りの状況も、自分から作り出した影と知るべきである。」

野口英世 (医学博士。  幼少期に負った左手の火傷のために内気な少年時代を過ごす。 手術によりその左手が自由になった時、彼は医学の素晴らしさに感激し自らも同じ道を志すことを決意する。 実力本位 の国アメリカで次々と研究をかさねることで、めざましい成果をあげていった。 1928年、自らの研究する黄熱病に倒れ、その生涯を終えた。)


「人生はすべて願望だ。 意味じゃない。 バラは、バラになろうと望んでいる岩は、岩になろうとしている。 宇宙にある力が、地球を動かし、木を育てる。 君の中にある力と同じだ。 その力を使う勇気と意志を持つのだ。」

チャーリー・チャップリン (監督作品『ライムライト』より。 24歳で映画界に俳優として進出し、1年たたぬうちに世界一のスターとなる。 サイレント映画時代の三大喜劇王と呼ばれ、爆発的な人気を誇った。 主演作のほとんどの製作、監督、作曲もこなし、映画史に残る名作、名曲を残す。チャップリンはロンドンに生まれ、貧しい生活を経てコメディアンとしての頭角を表した。 米、ハリウッドでは、ヨレヨレ背広、山高帽、ドタ靴、藤のステッキ(何と日本製)という、誰が見ても彼とわかる特徴的なスタイルを確立する。 戦争を批判してアメリカを追われるなど、
中期から後期にかけての彼の作品は、自分の意志を通すことで映画を芸術にまで高めた。)


「自分の欲するものを常に意識せよ。 そうすれば手に入る可能性は、非常に高い。」

ラルフ・ウォルドー・エマソン (米国の哲学者。 人間精神と物質の法則を説いた。 彼の著書『自然』の言語の章には、『自然のすべての事実は、ある精神的な事実の象徴である。 自然のあらゆる外貌は、精神のある状態に対応している』『物理学の公理は、倫理学の法則を翻訳している。』 『自然のすべての事実は、ある精神的な事実の象徴である自然のあらゆる外貌は、精神のある状態に対応している』などがみられる。)


「人間の頭脳は目に見えるものではないから、鍛錬を怠っている人がほとんどだろう。」

土光敏夫氏


「時代を読むヒントは、日常生活のどこにでもある。ありふれたもの、出来事の中に、世の中を変えてしまうような知恵が隠されている。」

安藤百福氏 (チキンラーメンを開発し、その他の多くの事業に携わってきた、発想の巨人であり、日清食品創業者)


「誰にだって成功できる。 成功は環境や教育とは無関係。 『自分には、出来る』 と信じることだ。 人の言うことは気にするな。 『こうすれば・・・ああ言われるだろう。』 こんなくだらない感情のためにどれだけの人がやりたいことも出来ずに死んでいくんだろう。」

ジョン レノン (ミュージシャン。 元ビートルズ。 ビートルズの中心として、ポール・マッカートニーらとともに活躍、ビートルズのヒット曲の8割を作詞・作曲する。1962年ビートルズ誕生。 1970年に解散するまで、世界的に大ヒット曲を出し続ける。 1969年にロンドンで芸術家だった小野洋子と結婚。 1981年版ギネスブックによると、グループ結成以来1978年末までのレコード売り上げは、シングル盤、LP各1億枚でともに世界最高。 全米ヒット・チャートでビートルズが1位になったのは、シングル20回、LP15回でいずれも最高記録を達成している。 )


「私は、精神が物質を生んだと考えています。 私たちが宇宙だと考えているものより以前から、精神が存在していて、時間と空間は、この精神の中から作り出されたのかも知れないと思います。」

ブライアン・ジョセフソン (ノーベル物理学賞受賞者。 1973年英国ケンブリッジ大学の大学院生の時、21歳にしてノーベル物理学賞を受賞した天才科学者。 ジョセフソンが発見した超伝導における『ジョセフソン効果』は、教授から授かった演習問題を解く過程で、計算式として導き出した。 しかしその答えがあまりに奇妙であったため、どう報告してよいものか悩むことになった。どの学部に限らず学問の世界は、敷居が高いものであったためである。そんな時、たまたま大学に客員教授としてベル電話研究所の研究員アンダーソン博士が来訪していた。 ジョセフソンがこの人ならと相談してみると、アンダーソン博士はこれが世紀の大発見につながるかもしれないことを見抜いたのである。 こうして偶然の出会いから一大学院生の発見が世にでることになった。)


「毎日必ずすごいことを1つやれ。それができない日は、すごいことができよう死力を尽くせ。」

トムピーターズ


「勝たなければ意味はない。人生は死ぬまで挑戦だ。 死ぬことを恐れる奴は生きることを恐れる奴だ。」

ロッキー青木氏


「トマトはトマトで完璧。 メロンはメロンで完璧。   トマトがメロンになろうとするからつらくなる。」

相田みつを氏


「最初にあったのは夢と、そして根拠のない自信だけ・・・。 そこから全てが始まった。」

孫正義 (ソフトバンクグループ創業者。 1957年(昭和32年)生まれ、19歳の時に音声翻訳機を発明これは、多くの企業が実現化に向けて研究中だったもので、シャープへの売り込みに成功し、最初のベンチャーとしての事業資金を得た。 同じく19歳の時、『20代で名乗りを上げて、30代で軍資金を最低で1000億円貯め、40代でひと勝負し、50代で事業を完成させる、 そして60代で事業を後継者に引き継ぐ』という<人生50年計画>を立てる。 シャープから得た事業資金を元手に、まずは米国でモバイル機器の開発や、ゲームセンター経営などの事業を展開。 学生ベンチャー起業家として成功を納める。 その後、パソコンソフトの卸事業として日本ソフトバンクを設立。 Yahoo JAPAN、ナスダック、長銀の買収など、幅広い事業分野で活躍している。)


「大きなことを夢見よう、決して途中であきらめてはいけない。 否定的な考えで自分をダメにしてはならない。 今日だけを生きるのではなく、明日に期待しよう。 あなたを成功へと駆り立てるような習慣を育てるのだ。」

スティーブン・スピルバーグ (ハリウッド映画監督。 高校時代、ハリウッドでユニヴァーサル・スタジオのバス観光に参加、途中で抜け出しスタジオ内に潜り込んで、そこで働く人たちと知り合いになる。 その後は関係者を装って、毎日スーツ姿で、もぐりこんでは、映画やTV番組の制作現場を見学して歩き、映画界での人脈作りに励んだ。 大学に入学後、ベニスとアトランタの映画祭で入賞し、当時のユニヴァーサル社副社長に認められ、テレビ映画の監督としてのチャンスを得る。 現在ではハリウッドの興業成績ベスト20に6本(監督/製作)もの作品がランクされている、最も成功した監督の一人。 代表作品として、『未知との遭遇』『レイダース』『E.T.』『ジョーズ』『ポルターガイスト』『トワイライトゾーン』『バック・トゥ・ザ・フューチャー』 『グレムリン』など多数。)


「私は、瞑想を日課にしているので、何か疑問に浮かぶと 瞑想して心を静め、答えが自然に浮かび上がってくるのを、待つという習慣があります。 仕事の問題も、人生の問題も、この方法で随分助けられてきました。」

土井利忠氏 (ソニー(株) 執行役員上席常務。 コンパクト・ディスク(CD)、人間型二足歩行ロボットSDR−3X、ロボット犬アイボ(AIBO)などを発明する。 役に立たない非実用的製品として、社内で開発することに反対意見の多かったロボット犬アイボは、完成されて、国際人工知能学会で発表されると、世界中から取材申し込みが殺到した。 1999年6月、予約販売を開始し、半年で4万5千台を完売する。 単価が25万円もする商品が、店頭に並ぶこともなく、110億円を超す、驚くべき売り上げを記録した。)


「医者は生活の安定を約束していた。 しかし、僕は漫画が描きたかったのだ。」

手塚治虫氏


「与えることは最高の喜びなのだ。 他人に喜びを運ぶ人は、それによって自分自身の喜びと満足をえる。」

ウォルト・ディズニー


「努力の天才になりたい。」

イアン・ソープ (天才スイマー。 オリンピック水泳選手。 金メダル世界記録多数。 1982年10月13日シドニー生まれシドニー・オリンピックで金メダル3つと銀メダル2つ、コモンウェルス大会で金メダル4つ、世界選手権大会で金メダル8つを獲得しているほか、17もの世界記録を破り、現在、200m、400m、800m、4x100mリレー4x200mリレーの世界記録を保持している。)


「自分自信を説得できるかどうかが、成功の第一条件。」

孫 正義氏


「常に積極的に考えよ。 そしていかなる失敗からも、エネルギーを得ることだ。 歴史に残る偉大なる発明が、数え切れない失敗の後に成し遂げられたものばかりであることからも分かるとおり時に失敗は、目標に近づく助けとなる。」

マイケル・ジョーダン (NBAプロバスケットボールの神様。 NBAの選手になるまで、プロバスケットボールの試合を見たことがなかった冗談のような話: 『プロのバスケットボール選手になるまで、ぼくはプロのバスケットボールの試合を見たことがない』と彼は言った。 『ぼくは本当に、プロのバスケットボールについてよく知らなかった。 だから、何かずっと遠くを夢見るんじゃなく、いつも自分の夢を手の届くものだと考えてた。ある意味では、NBAの試合を見なかったのは幸運だったと思うよ』 ―マイケル・ジョーダン物語より― )


「うんと若い頃の話だけど、自分が思い通りの人間になって、思い通りのものを、手に入れてる姿を想像してた。 必ずそうなるんだって、完全に信じ込んでたんだ。 全く心ってやつには、大した力があるもんだね。 初めてミスター・ユニバースに、でた時だって、会場へ行ったときには、もう優勝したつもりになってた。 タイトルはとっくに、俺のものだってね。 心の中で何度も優勝してるから、自分が勝つことをこれっぽっちも、疑ってないわけさ。 その後、映画の世界に入ったときもやっぱり同じ大スターになってがっぽり儲けている自分を心に描いたそしたら、もうすっかり成功した気分だ。 全部その通りになる! ただそう信じてたんだ・・・・。」

アーノルド・シュワルツネッガー (ハリウッド映画俳優。 1947年 7月30日、オーストリア・グラーツ出身。 15才の頃から体を鍛え始め、ミスター・ユニバースで5回タイトルを獲得。 ウィスコンシン大学で経営学と国際経済学の学位を得たインテリでもある。 夫人はケネディ一族で、TVレポーターのマリア・シュライバー。 '70年に『Hercules in New York』で映画デビューし、1984年に公開された『ターミネーター』でトップスターの仲間入りを果たす。 『プレデター』『ターミネーター2』『トゥルーライズ』などヒット作多数。)


僕は、『エンジョイ』(楽しい)という言葉を意識的にたくさん使う。 『〜は難しい、大変だ』という言葉を言ってしまうと頭にマイナスのイメージが、インプットされるのだ。 確かに練習は、楽ではないし、多くの時間を使う。 しかし、この『エンジョイ』(楽しい)という言葉が練習に対する考えを、プラスの方向へ変えてくれるのだ。 『エンジョイ』(楽しい)、この一言で現実が変わる。

イアン・ソープ (オリンピック水泳選手・金メダル世界記録多数。 1982年10月13日シドニー生まれシドニー・オリンピックで金メダル3つと銀メダル2つ、コモンウェルス大会で金メダル4つ、世界選手権大会で金メダル8つを獲得しているほか、17もの世界記録を破り、現在、200m、400m、800m、4x100mリレー4x200mリレーの世界記録を保持している。)


「私が思うに『夢を実現させる秘訣』は、4つのCで要約される。 つまり好奇心 (curiosity)、自信 (confidence)、勇気 (courage)、 不変 (constancy)だ。 中でも一番大切なのが自信、『自分を信じる』ということだ。 ひとたびこうと思ったら、盲目的に一片の疑いもなくそれに、のめり込んでいくことだ。」

ウォルト・ディズニー (ディズニーランド創設者)


「今日の企業秘密などになんの未来もない。 ほしい人がいればいくらでもくれてやる。 私の生き残り戦略はただ一つ、毎日脱皮をはかり、常に人より先を行くことだ。」

トム・ピーターズ


「何によって人に憶えられたいか? 今答えることは、できなくても、50歳になって答えられないと問題だよ。 人生を無駄に過ごしたことになるからね。」

ピータードラッガー


「人生はプロジェクトであり、充実した人生を送るには、すごいプロジェクトをやるしかない。」

トムピーターズ


「人間の心というものは、それこそ魔力のようなものすごい力を秘めている。 心はあらゆる力の源泉である。 ところが、多くの人たちは、この貴重な事実を知らず、心の力に信を置こうとしないで、逆に疑うことの方を、重大視している。 そして、それがすべてのものを完成させるうえで、大きな妨げになるものだということを知っていない。」

中村天風氏 (哲人。 ヨガの達人カリアッパ聖者に連れられインドに渡り、ヒマラヤの奥地でヨガの極意を体得、当時不治の病であった肺結核を修行により克服し、日本初のヨガの直伝者となる。 帰国してからは、銀行頭取、会社重役の地位にありながら、あるとき突然これらすべての財産を放棄し人々を悩みから救い、苦しみから解き放つための教えを説き始めた。 彼のすさまじいまでの体験に裏打ちされた理論は『天風哲学』として大成され、これを信奉し、教えを受けた人々は百万人を超えると言われている。 その中には、東郷平八郎(日露戦争元帥)、原敬(総理大臣)、山本五十六(元帥)ロックフェラー3世(米の大富豪)、近年では、松下幸之助(松下電器)、稲盛和夫(京セラ)、広岡達郎(プロ野球監督)、双葉山(横綱)等が天風哲学に多大なる影響をうけている。)



=>Back