読んではいけない人物伝 森啓成 (もりよしなり)
星一(ほし・はじめ) - SF作家 星新一の父、星製薬設立者、野口英世のパトロン -

星一とは?

星 一(ほし はじめ)

1873年(明治6年)12月25日 - 1951年(昭和26年)1月19日

福島県、(現)いわき市出身の実業家。 「製薬王」と呼ばれた。

略称、ホシピン。 

SF作家 星新一は長男。 

次男は元・日輝常務の星協一。


写真植字機を開発した石井茂吉と森澤信夫が出会うきっかけとなった星製薬の設立者であり、星薬科大学の創立者でもある。

野口英世やフリッツ・ハーバーのパトロンとしても知られる。 

なお、彼が発案した『三十年後』はSF小説であるため、
それが長男の親一(新一)と関連付けて語られることがある。





三十年後 (ホシヅル文庫)



■略歴:
子供の頃、いたずらで放たれた矢が右目に突き刺さり失明。
それ以後は義眼を入れていた。

1894年(明治27年):東京商業学校(現在の東京学園高等学校)を卒業。 高橋健三らの知遇を得る。10月、横浜からアメリカサンフランシスコへ渡る。

1896年(明治29年):コロンビア大学に入学。(当時のコロンビア大学は、どの国の専門学校でも卒業していれば、無試験で入学できた。 ただし、星の卒業した東京商業は中等教育の学校であるため、原則的にはコロンビア大学の入学資格は無いが、実質的に高等商業と同等であることを説明し、入学した)。

1901年(明治34年):コロンビア大学を卒業。修士号取得。

1906年(明治39年):湿布薬「イヒチオール」の事業化に成功。

1908年(明治41年):第10回衆議院議員総選挙に福島県郡部区から立候補し、当選。 無所属で独自の活動を行う。

1911年(明治44年):星製薬を設立。五反田に当時としては画期的な近代的製薬工場を建設。ホシ胃腸薬のヒットや日本で初めてキニーネの製造をするなど発展し東洋一の製薬会社と言われるほどになる。

1918年(大正7年):SF小説『三十年後』発表(アイディアは星、文章化は江見水蔭)。

1922年(大正11年):星製薬商業学校を設立。

1924年(大正12年):戦友共済生命保険を買収し、社長に就任。

1924年(大正13年):フリッツ・ハーバーを日本へ招待する。
以後、生涯に渡って物心両面で彼を援助する。

1925年(大正14年):阿片令違反で起訴される(その後無罪判決)。 解剖学者小金井良精の次女、せい と結婚。

1926年(大正15年):長男・親一が誕生(後の星新一)。
本名の親一は星一のモットーである「親切第一」の略。
弟の名前の協一は「協力第一」の略。


1930年(昭和5年):破産申し立てを受け、翌年に宣告を受ける(後に取り消しが認められ、強制和議になる)。

1937年(昭和12年):第20回衆議院議員総選挙で2回目の衆議院議員当選。

1945年(昭和20年):星製薬は空襲で主力工場を破壊され、敗戦で海外拠点を失うが、再建に努める。

1946年(昭和21年):第22回衆議院議員総選挙に3回目の衆議院議員当選。

1947年(昭和22年):第1回参議院議員通常選挙全国区に民主党から最多得票で当選。

1951年(昭和26年):ロサンゼルスにて死去。 

星製薬は息子の親一が継いだが既に経営は傾いており、親一は会社を手放して、後にSF作家星新一となる。


■事業のその後:
星一が設立した星製薬はその死の前後から急激に経営が悪化し、ニューオータニグループのもとで再建が行われた。

その後「株式会社テーオーシー」(略称TOC)と改称し、販売部門を分離独立して新たな子会社として「星製薬株式会社」が設立された。
2003年、TOCの製薬部門とその販売部門である上記「星製薬株式会社」が統合され、製造ラインを持つ新・新「星製薬株式会社」が誕生した。
ただし、収益の大半は不動産事業によるものであり、製薬事業部門の寄与度は小さい。

一方、会社創立時に社内に設置した教育部は「星薬業講習会」へと発展し、「星製薬商業学校」→「星薬学専門学校」を経て、現在の星薬科大学の母体となった。戦友共済生命保険は金融恐慌の際に経営が悪化し、第一徴兵保険に保険契約を包括移転した。


■星一の人生:
・福島県生まれ。

・政治家・教育家・実業家。 

・ノブレス・オブリージ(noblesse oblige)を体現した人物。 

・明治から昭和にかけて政界、財界、教育界等で幅広く活躍した。 

・星製薬株式会社創業者(現在、東京卸売センターが建っている場所が星製薬の工場跡で、ここから裏の五反田文化センター・第一日野小学校へかけての一帯と、星薬科大学敷地を含めて2万3千坪という広大な土地を所有していた)。 

・星薬科大学創立者(星薬科大学の本館はF.L.ライトの弟子、レーモンドの設計によるもので、大ホールのインテリアは素晴らしい造りとなっている。 階段がなく螺旋状の廊下で段上にのぼれるようになっている)。 

・SF作家、星新一の父。 

・アメリカ時代に野口英世と交流があり、発明王エジソンとも知己の仲だった。 野口英世の伝記や映画で、年老いた母親に逢いに、日本に戻って来る場面があるが、このときの旅費を工面したのが、星一であった。 

・新らし物好きで、綿アメの機械を日本に初めて持ってきたといわれている。 

・生涯 杉山茂丸に私淑し、杉山茂丸と頭山満の交流50周年祝賀会も企画した。 

・人生哲学は「親切第一」主義。 息子の星新一の本名である親一は「親切第一」から命名されている。

・また、星一がその才能を高く評価し、食糧難と将来に備えた農業技術の開発という名目で研究を依頼した天才物理学者に楢崎皐月(ならさき・こうげつ)がいる。 

楢崎は1949年(昭和24年)、兵庫県六甲山系・金鳥山に入り60日余りの穴居生活をしながら研究をしていたときに、カタカムナ神社の自称宮司である平十字(たいらとうじ)から『カタカムナのウタヒ』という巻物をみせられ、写し取った。 約5年かかってその写し取った巻物の文字の意味と
解読に成功したものがカタカムナ文献である。 

カタカムナ文字とは太古の日本に存在したといわれるアシア族という種族が使った八鏡の文字。 アシア族は特殊な鉄を作り、さまざまな生活技法を開発し高度な文明を持っていた。 

それが神農氏らによって伝えられシナの文化のもとになったものと秘かに伝わっている。

■星一 年表:
1873(明治6).12.25~1951(昭和26).1.19 永眠 享年77歳。

1873年(明治6年)12月25日、福島県磐城郡に出まれる。
幼名は佐吉。 父親は喜三太、村長や郡議会議長などを
務めた知識人であった。 

授業生養成所を卒業後、しばらく県下で教員を勤めた後、
渡米の志を胸に上京して東京商業学校(現・一橋大学)に入学。

東京商業学校卒業後、「勇気が成功を生む」ことの大切さを自覚、
1894年(明治27年)10月(20歳)に自由の地アメリカへ渡る。 
渡米前には古書の行商などをしながら、三ヶ月にわたり
関西から九州を遊行し、沖縄にまで足を伸ばした。

■「世界に窓を開き躍進せん。 成功は忍耐の程度に比例する。」 

渡米後、サンフランシスコで職を転々としながら英語の勉強をし、
アペンジャー家のボーイを一年余勤めた後、ニューヨークへ
移り念願のコロンビア大学に入学。

苦学しながら統計学を学び、在学中に新聞「日米週報」、
その後、雑誌「ジャパン・アンド・アメリカ」を創刊。 
この頃、後に微生物学者として名を馳せることとなる同郷人、
野口英世と知り合う。 同じ頃、新渡戸稲造とも知遇を得る。

1901年(明治34年)コロンビア大学卒業の年、渡米した
杉山茂丸とニューヨークのフィフス・アベニュー・ホテルにて再開。 
茂丸は同時期に米国に滞在していた元老伊藤博文を紹介した。

1902年(明治35年)、雑誌経営に苦心し、資金調達のために一時帰国。
杉山茂丸に相談を持ちかけ、その紹介で台湾総督府民政長官の地位にあった後藤新平を紹介される。 

後藤の好意によって五千円の資金を得、米国に戻る前に後藤に伴われて台湾へ渡る。

1904年(明治37年)、滞米生活を打ち切って帰国。 

■「科学なき人生に栄光なし。 科学は成功の近道である。」 

どんな事業をやるか考えあぐねた結果、たどり着いたのは
星の言うところの「科学」でだった。 
たまたま湿布薬イヒチオールの研究をしていた友人から
研究内容と製品を400円で買取り、1906年(明治39年)事業家に成功。 

1908年(明治41年)には郷里福島県の有力者に推されて
衆議院議員選挙に立候補し、初当選(35歳)。 国会に議席を得たことで、星はやはり議席を保持していた北浜銀行頭取の岩下清周や、後に大蔵大臣を務める片岡直温らの知遇を得、それらの人々の支援を得て事業を拡大。 

1911年(明治44年)現在の品川区西五反田に星製薬株式会社を設立。
その鉄筋4階建、従業員3000人の巨大な工場は当時東京名物の一つになった。 
株式の公募、福利厚生の重視など経営は現代に通じる新しいものだった。 

アメリカ仕込みの独特な経営感覚で、我国初のチェーンストア方式を生み出し、全国に特約店を網羅し、飛躍を遂げた。 また、特約店教育を実施し、後に星製薬商業学校に発展し、更に現在の星薬科大学となった。 

1914年(大正3年)にアルカロイド製品の研究に着手。 
モルヒネやコカインといったアルカロイドの国産化に成功。 

会社は星の斬新な発想と行動力で次々と新製品を開発し、
順調に発展するが、後藤新平の政敵、加藤高明が
1924年(大正13年)に政権に付くと星製薬は後藤の資金源と見なされ、官憲による妨害工作を受け、後に事実上破産するに至る。 

息子、星新一の「人民は弱し、官吏は強し」には、成功に対する嫉妬や政党間の争いに巻き込まれ、生阿片の取扱いに関して犯罪者の汚名を着せられる、裁判の結果無罪とはなったものの、個人財産は破産となり信用を失い、実業家としての彼の仕事はこの年にほとんど終わったことになった経緯について詳しくかかれている。 

感情を表面に出さず淡々と文章が書かれているが、逆にその冷静さの中に怒りが伝わってくるような気がする。 読んでいて妨害工作にめげることなく自分の信念を貫き通す星一の姿が脳裏に浮かんできて、非常に痛々しい。


1925年(大正14年)に妻帯(星一、52歳)。 妻は東京帝大で解剖学の教授であった小金井良精の次女、せい。 小金井良精の妻は森鴎外の妹であったから、星一の妻は森鴎外の姪にあたる。

1926年(大正15年)、出生した第一子、長男親一(後にSF作家となる星新一)誕生。

1937年(昭和12年)に再び衆議院に議席を得、また戦後の1946年(昭和21年)にも当選、翌年の第一回参議院議員選挙全国区に立候補して最高得票で当選。 その間、星製薬の事業が活発であった時代に台湾に植林したマラリアの特効薬キニーネの原料であるキナが、自らの身に降りかかった災厄に忙殺されている内に立派に育っていたことから、キニーネを初めとするアルカロイド事業の再興に情熱を燃やすが、敗戦により台湾の領有権は失われ、挫折。 

ペルーに一万人の入植者をいれられる広大な土地を所有しており、その土地への日本人移民とコカインの栽培を目指していたが、その準備のために渡米していた1951年(昭和26年)1月19日、ロサンゼルスで客死した(77歳であった)。

■「一に人、二に人、三に人。 万事に人なり。」
星製薬の本社は、1915年(大正4年)から京橋に建築された
鉄筋コンクリート造四階建てのビルにあった。 
当時、銀座日本橋界隈で最も高層の建築物であったという。 
更に、東京・品川に設けられていた星製薬の工場は施設面でも模範的な企業として特筆すべき処であった。 工場の内部に診療所や幼稚園、炊事場、図書館が置かれ箱根と鎌倉には社員用の別荘まであった。 

更に特筆すべきは社内に教育部門を設けたことだった。 
もともと後藤新平の口癖であった「一に人、二に人、三に人」を更に続けて星は、「万事人なり。 何時でも何処でも人である。 如何なる時代にも金より人である。」と語った。 

一方、自分は星製薬の社長とは信じがたい平屋建てのボロ家に住んでいた為、官憲のいじめ工作により警察が家宅捜査を行ったとき、隣の星亨(政治家)の家と間違えたというエピソードが残っている。

■「我思ふ百世後の若人を如何に育てん、如何に教えん。」
このような教育理念を志した星は必然的に学校という形に進化していき、星製薬商業学校、星薬学専門学校を経て1950年(昭和25年)星薬科大学創立に至った。 その建学の精神は「人類愛に満ち、健康で幸せな社会を創造、維持するために世界に奉仕する人材の育成をめざす。」

■「人々が親切第一に心掛けたなら、世の中は融和し繁栄する。」 
第一次大戦終結後、科学技術の最先進国ドイツの窮状を知り、星は明治維新後、多くの日本人が学んだドイツに恩返しができたらと、義援金を募るが思うに任せず、私費での援助を決断。 

1919年(大正8年)~1925年(大正14年)年までの7年間、政争に巻き込まれて事業が傾いたが、自宅を抵当に入れてまでも約束の金額をベルリンに黙って送り続けて「最後まで男の一言を守った」。 
その総額は、現在の邦貨に換算して優に十億円を超える。 

日本がドイツから多く学ばせてもらったことへの感謝と科学技術の危機を救いたいとの思いからであった。 
星の援助(星基金)により、その恩恵を受けた
人々の中には、
リヒャルト・ヴィルシュテッター(1915年ノーベル化学賞)、
フリッツ・ハーバー(1918年同賞)、
マックス・プランク(1918年ノーベル物理学賞)、
オットー・ハーン(1944年同賞)
のような錚々たる面々が含まれている。 

その中には1938年米国 に亡命し、マンハッタン・プロジェクトに加わり、世界最初の原爆を製造したハンガリー出身のレオ・シラートもいた。 

その後、1926年、ベルリンに日本文化研究所が設立され、
それまで星基金の運営委員長を務めていたフリッツ・ハーバーが初代所長に就任すると、星一と友人達は、またしても高額の寄付金を送った。 

こうした援助に対し、感謝のしるしにとハーバーはいくつかの化学の特許を星に贈与しようとした(これらの特許の中にはすぐにでも事業化できるものもあった)。 しかし、星は、後藤新平や周りの者からの勧めを聞かず、自分はそんな見返りを求めてはいないと、その申し出を断った。 

当時、星製薬は官憲の事業妨害工作にあい、経済的に危機に瀕した状態であったにもかかわらず、、、。

1922年(大正11年)篤志の人、星一の人生の集大成とも言える「親切第一」が発行された。 昭和42年(1967)までの間に102版を重ねるロングセラーとなった。 

その著書の中で星は語っている。 「凡ての人々がこの親切第一に心掛け、そして之を実行することの尠きを責めるやうになつたなら、其時の世の中はどうなるだろうか。 それは言ふまでもなく、世の中の個人と個人、家族と家族、国家と国家とが完全に融和することになる。 
而して融和の結果として、個人、家族、国家の繁栄を来し、
向上を来すやうになるのである。」

また、星製薬のパンフレットの中に「親切第一」というものがある。 

その目次には次のようなことが書かれてある。

「先づ自己に親切なれ」、「親切は自己尊重なり」、「正直も自己親切」、「何人にも親切なれ」、「時間に親切なれ」、「職務に親切なれ」、「物品に親切なれ」、「金銭に親切なれ」、「一人一業と親切」、「親切に不景気なし」、「親切は機会を作る」、「日本は世界一の親切国たれ」

■ノブレス・オブリージ(noblesse oblige)という言葉がある。 
「高い身分に伴う倫理上の義務」という元々の意味から、
現代ではリーダーが負うべき義務や責任といった意味に、解釈されている。 

その国や、行政、企業など、それぞれの組織には必ずリーダーという存在があり、各々がそれぞれ、重要な社会的使命を持っているといったことだ。 
星一はまさにこのノブレス・オブリージを理解し、体現した人物であったといえる。

ちなみに、「人民は弱し、官吏は強し」(星新一著)のあとがきは後藤新平の孫の鶴見俊輔氏によって書かれている。 その中で、作品中に仮名で登場する三原作太郎の実名、塩原又策が挙げられている。 彼の経歴は以下のとおり。

■塩原又策(しおばら・またさく)、1877(明治10)~1955(昭和30)。

明治・大正期の実業家(製薬工業)、三共製薬の共同創業者。

神奈川県出身。 大谷嘉兵衛の経営する日本製茶会社で実務の手ほどきをうけ、父と大谷が共同出資し設立した横浜絹物会社で取締役支配人になる。 

1899(明治32年) 高峰譲吉博士と提携、〈タカジアスターゼ〉と〈アドレナリン〉の販売をはじめる。 塩原又策、西村庄太郎、福井源次郎の3人が出資して、「三共商店」の名で発足した。

1902(明治35年)三共合資会社を設立、〈オリザニン〉の製造や〈テトロドトキシン〉の製造に成功。

1913年(大正2年)三共を株式会社として、高峰譲吉を社長に、自らは専務となった。 第一次大戦時にはサリチル酸の量産化に成功し、製薬工業の基礎を築いた。


■星新一が父について書いた感動の3部作。 その昔、こんなすごい人物がいた。。。

明治・父・アメリカ (新潮文庫)


人民は弱し 官吏は強し (新潮文庫)


明治の人物誌 (新潮文庫)





=>Back