■読んではいけない人物伝 森啓成 (もりよしなり)
浜田彦蔵 - 江戸時代にアメリカ大統領3人と会見。 新聞の父 -

浜田彦蔵とは?



浜田 彦蔵(はまだ ひこぞう、旧字体:濱田彦藏)

天保8年8月21日(1837年9月20日)- 明治30年(1897年12月12日)

幕末に活躍した通訳、貿易商。

「新聞の父」と言われる。

洗礼名はジョセフ・ヒコ (Joseph Heco)。

幼名は彦太郎(ひこたろう)。
帰国後は「アメ彦」の通称で知られた。

江戸時代に日本人として初めて、米国大統領と会見。
しかもリンカーンを含む3人の大統領と会った人物。


■生涯:
播磨国加古郡阿閇村古宮(現・兵庫県加古郡播磨町)で生まれる。

幼い頃に父を、嘉永4年(1851年)の13歳の時に母を亡くす。

その直後に義父の船に乗って海に出て途中で知人の
船・栄力丸に乗り換えて江戸に向かう航海中、その船が
10月29日(11月22日)に紀伊半島の大王岬沖で難破。
2ヶ月太平洋を漂流した後、12月21日(1852年1月12日)に
南鳥島付近でアメリカの商船・オークランド号に発見され救助される。

その後、救助してくれた船員たちと共にサンフランシスコに滞在。

アメリカ政府より日本へ帰還させるよう命令が出て嘉永5年3月13日(1852年5月1日)にサンフランシスコを出発し、5月20日(7月7日)に香港に到着する。

そこから、東インド艦隊長官・ペリーの船に同乗し日本へ
帰還するはずだった。しかしペリーがなかなか来ず、その間に香港で出会った日本人・力松(モリソン号事件での漂流民のひとり)の体験談を聞き自分達がアメリカの外交カードにされるとの懸念から、10月に亀蔵・次作とともにアメリカに戻る。

なお、ほかの栄力丸船員の多くは、同じくモリソン号事件関係者で上海定住していた日本人・音吉に匿われ、後に清国船で長崎経由の帰国に成功している。 ただひとり仙太郎はペリー艦隊に同行した。

サンフランシスコに帰った後は、亀蔵・次作の2人とも別れて下宿屋の下働きなどをしていたが、税関長のサンダースに引き取られた。その後、ニューヨークに赴く。なお、亀蔵と次作はそれぞれ船員として働き、開国後に日本へと帰国している。

嘉永6年8月13日(1853年9月15日)には日本人として初めてアメリカ大統領(当時はフランクリン・ピアース)と会見した。

またサンダースによりボルチモアのミッション・スクールで学校教育を受けさせてもらい、カトリックの洗礼も受けた。

安政4年11月25日(1858年1月9日)にはピアースの次代の
大統領ジェームズ・ブキャナンとも会見した。


そして安政5年(1858年)、日米修好通商条約で日本が開国した事を知り日本への望郷の念が強まった彦蔵はキリシタンとなった今ではそのまま帰国することはできなかったので、帰化してアメリカ国民となった。

その翌年の安政6年(1859年)に駐日公使・ハリスにより神奈川領事館通訳として採用され、6月18日(7月17日)に長崎・神奈川へ入港し9年ぶりの帰国を果たした。

翌年2月に領事館通訳の職を辞め、貿易商館を開く。
しかし当時は尊皇攘夷思想が世に蔓延しており外国人だけでなく外国人に関係した者もその過激派によって狙われる時代であったため、彦蔵は身の危険を感じて文久元年9月17日(1861年10月20日)にアメリカに戻った。

再度、アメリカに帰った後は、文久2年3月2日(1862年3月31日)にブキャナンの次代の大統領エイブラハム・リンカーンと会見している。

1862年10月13日(12月4日)に再び日本に赴き、再び領事館通訳に職に就く。

文久3年9月30日(1863年11月11日)に領事館通訳の職を再び辞め、外国人居留地で商売を始めた。

翌、元治元年6月28日(1864年7月31日)、岸田吟香の協力を受けて英字新聞を日本語訳した「海外新聞」を発刊。
これが日本で最初の日本語の新聞と言われる。

ただしこの新聞発行は赤字であったため、数ヵ月後に消滅した。



左より伊藤俊輔(博文)、桂小五郎(木戸孝允)、ベッデル、彦蔵。1867年(慶応3年)


慶応4年8月7日(1868年9月22日)、18年ぶりに帰郷。

明治2年(1869年)6月には大阪造幣局の創設に尽力した。
その後は大蔵省に務めて国立銀行条例の編纂に関わったり茶の輸出、精米所経営などを行なった。

明治30年(1897年)12月12日、心臓病の為東京の自宅にて61歳で死去。

日本人に戻る法的根拠が無かったことから死後、外国人として青山の外国人墓地に葬られた。

尚、国籍法が制定されたのは明治32年(1899年)のことであった。



14歳の写真:
平成18年(2007年)3月27日放映の情報系バラエティ番組
『開運!なんでも鑑定団』にてスイスの写真研究家、ルイ・ミッシェル・オエールから彦蔵(ジョセフ・ヒコ)の写真の鑑定依頼があった。鑑定の結果、サンフランシスコ到着後に撮影されたものと断定、日本人を撮影したダゲレオタイプ写真の最古の記録を塗り替える大発見となった。

ヒコの幕末―漂流民ジョセフ・ヒコの生涯




=>Back