■読んではいけない人物伝 森啓成 (もりよしなり)
ニック・ブイヂ  - モチベーション・スピーカー、四肢がないが強く明るく生きる、日系人と結婚 -

ニック・ブイヂとは?



ニック・ヴイチチ、ニック・ブイヂ(またはニック・ブイチチ、ニック・ボイチチ)

英語: Nicholas James "Nick" Vujicic

セルビア語: Ник Вујичић, Nik Vujičić

1982年生まれのオーストラリアのキリスト教伝道師でモチベーション・スピーカー。

テトラ・アメリア症候群を持って生まれ、四肢がない。

■YOUTUBE動画:Nick Vujicic BEST LIFE CHANGING INSPIRATIONAL VIDEO OF ALL TIME!

■略歴:

手足がないことで幼少期を肉体的、精神的に大きな苦労とともに成長する。

その間、何度も絶望に襲われ自殺を考えた。それを思いとどまったのは両親の愛と両親への感謝からであった。

中学生の時にはクイーンズランドのランコーン州立高校のキャプテンに選出され、地元の慈善団体の資金調達イベントで働く。

17歳で彼自身の祈りの会で講演をはじめ、後に彼自身の非営利団体を設立する。自分自身の世話をすべて自分で行い、水泳、サーフィン、ボート、魚釣りなどありとあらゆるレジャーを楽しんでいる。

ブイヂは35か国を訪問し、施設や学校などで講演を行っている。

2012年2月12日には、アメリカ合衆国カリフォルニア州にて日本人女性と結婚した。現在2児の父。






アザラシ肢症(phocomelia)というめずらしい先天性の疾病を持つオーストラリアのニック・ブイヂ(Nick Vujicic)さん。

生まれた時から四肢がなく、足のようで足ではない小さな肉隗が左の腿の上部にあるだけだ。



数年前にある講演会で、ニックさんは神様が彼のために美しい女性を準備してくれており、彼が探しに行くのを待っていると語ったことがある。

2012年、彼はついに望みをかなえ、ガールフレンドの宮原佳苗さんとの長い期間にわたる愛を実らせた。

バレンタインの日にニックさんはウェブサイトで、2月12日に米国・カリフォルニアで結婚したというニュースを発表した。インターネット利用者からは「彼は手も足もないが、頭脳、信仰、ユーモアを持ち、勇気を備えている。だからこそ世界を征服できたのだ」という声が寄せられている。

それでも僕の人生は「希望」でいっぱい





=>Back