■本因坊秀策 - 御城碁 19戦19勝無敗、囲碁史上最強、コレラ看病で死す -

本因坊 秀策(ほんいんぼう しゅうさく)とは?

文政12年5月5日(1829年6月6日) - 文久2年8月10日(1862年9月3日)

江戸時代の囲碁棋士。

備後国因島(現・広島県尾道市因島外浦町)出身で俗姓は桑原。

幼名は虎次郎。法名は日量。父は桑原輪三。





■経歴:
1837年(天保8年)に出府して本因坊丈和に入門、本家の名字である安田を借り栄斎を名乗る。

その打ち振りを見た丈和が、「是れ正に百五十年来の碁豪にして、我が門風、これより大いに揚がらん」と絶賛したと伝えられる(百五十年前は道策の全盛期であった)。

1839年(天保10年)に初段。

翌1840年(天保11年)に秀策と改名し、二段昇段。

翌1841年(天保12年)三段昇段、さらに翌1842年(天保13年)四段昇格する。

1846年(弘化3年)、井上幻庵因碩と数度の対局を行う。

幻庵八段、秀策四段なので二子の手合だが、一局打ちかけて幻庵は秀策の実力を認め、破格の定先に変更しての対局であった。

その中の一局は「耳赤の一局(みみあかのいっきょく)」と
呼ばれる著名局である。幻庵因碩は後に「(あのときの)秀策の芸は七段を下らない」と評したという。

当時、一流の打ち手であった幻庵因碩に定先で打ち勝った事を機に、丈和と秀和は秀策を将来の本因坊跡目とする運動を始める(当時丈和は隠居、当主は丈策であり、秀和が跡目であったが、丈和・丈策が一年後に相次いで亡くなっていることから、この時点で両者ともに健康を害していたのではないかと推測されている)。

しかし家元につけば同時に幕臣となるが、秀策は父・輪三の主君でもある備後三原城主・浅野甲斐守の家臣と言う扱いであり、甲斐守に対する忠誠心からこれを頑なに拒否。囲碁家元筆頭の本因坊家の跡目を拒否する事などは前代未聞であった。

また師・秀和との対局で先で打っていた所、秀策の大幅な勝ち越しになったため秀和が「手合いを改めよう」と言った所「師匠に黒を持たせるわけにはいきません」と答えたという(先の次は先相先となり三局に1回は上手が黒を持つ事になる)。

1848年(嘉永元年)に正式に第14世本因坊跡目となり同時に六段昇段、また丈和の娘・花と結婚する。 また翌年から御城碁に出仕し、それ以後19戦19勝無敗の大記録を作った。秀策最強説の有力な根拠がこれである。

もっとも、秀策は御城碁の連勝にこだわっており、林有美(当時五段)との二子局を固辞したエピソードや、10世安井算英(当時二段)との二子局を秀和に打診された際、「二子の碁は必勝を期すわけにはいかない」と固辞したというエピソードが伝えられる。

少なくとも、19局中に二子番が皆無というのはかなり不自然といわざるを得ない。ただし、同時に「互先の白番(=コミなし)なら誰が相手でも辞さない」といったことも伝えられている。

秀策の無敵を支えたのは平明秀麗な碁風と、秀和と並ぶ正確な形勢判断である。

また秀策の先番は秀策流と呼ばれる布石法が有名であり、
秀策の先番は堅実無比と称された。秀策が御城碁下打ちの結果を聞かれた時、「先番でした」とだけ答えたと言う逸話も残っている(ただしこの話は謙虚な秀策の性格とはそぐわないため、「先番でしたので、なんとか勝つことができました」の前半部分だけが一人歩きしてしまったともいわれる)。

1862年(文久2年)、江戸でコレラが大流行し本因坊家内でもコレラ患者が続出した。

秀策は秀和が止めるのも聞かず患者の看病に当たり、当人が感染しそのまま34歳で死去した


この年御城碁が中止され消滅した。 なお、本因坊家では
秀策の看病によりコレラによる犠牲者は秀策以外は1人も出さなかった。

棋力のみならず極めて人格に優れ、本因坊道策(前聖)と並び棋聖・碁聖(後聖)と称される。歴史に燦然と輝く業績を残し、後の囲碁ファンに与えた影響は多大である。


■耳赤の一局:
弘化3年7月21日(1846年9月11日)於浪華天王寺屋辻忠二郎宅 八十九手打掛、同23日(13日) 於原才一郎宅 百四十一手打掛、同25日(15日)於中川順節碁会中之島紙屋亭 打終。

先 桑原秀策 井上(幻庵)因碩 325手 黒半コウ勝ツグ 黒三目勝(棋譜の手順が正しいなら実際は黒二目勝)。

右下の大斜定石で秀策が誤り、井上幻庵因碩の繰り出した秘手もあって秀策は劣勢に陥った。幻庵は自在に打ち回したが、126手目のトビが緩手。これに対して秀策の打った
黒127手目が「耳赤(みみあか)の一手」として現代に語り伝えられる妙手であった。この手を打つ直前までは井上の優位だったが、この手によって形勢は急接近したとされる。

上辺の模様を拡大し、右辺の白の厚みを消し、下辺の弱石に間接的に助けを送り、左辺の打ち込みを狙う一石四鳥の手である。

対局を横で見ていたある医師はこの様子を見て、「これは秀策の勝ちだ」と断定した。周りの者が何故かと尋ねところ、
「碁の内容はよく判らないが、先ほどの一手が打たれた時に井上先生の耳が赤くなった。動揺し、自信を失った証拠であり、これでは勝ち目はないだろう」と述べた。


耳赤の一手という名は、このエピソードに由来する。

もっとも、この手については緩手という評や、「今の一流棋士ならだれでもそこに打つ」(呉清源)という声もあり、評価は一定していない。

また、耳赤の一手もさることながら、全局を通した井上幻庵因碩の打ち回しに対しても評価が高い。


■後世への影響:
本因坊秀策師之碑江戸時代までは棋聖と呼ばれていたのは道策と本因坊丈和の2人であったが、明治以降から秀策の人気が高まり、丈和に代わって秀策が棋聖と呼ばれるようになった。

名人になった事はないが、史上最強棋士の候補としてあげる声も多い。

400局ほどの棋譜が秀策のものとして伝えられており、
1900年(明治33年)に石谷広策によって『敲玉余韵』としてまとめられた。これを学ぶプロ棋士は多く、韓国の李昌鎬も若い頃から秀策の棋譜を熱心に並べ「私は一生かけても秀策先生には及ばないだろう」と語っているのは有名である。

また漫画『ヒカルの碁』では、主人公の進藤ヒカルに取り憑いた平安の天才棋士・藤原佐為の霊が、ヒカルの以前に取り憑いていた人物として登場する。このため同作品のヒットに伴う「囲碁ブーム」とともに、子供たちにも「囲碁史上最強の人物」として親しまれることになった。

広島県三原市の糸碕神社には江戸時代に秀策の生涯を記念して建立され、石碑が現在も残る(「ヒカルの碁」にも登場する)。

また因島にある秀策の生家は、現在「本因坊秀策囲碁記念館」となっている。

因島の所属する尾道市は、この縁で囲碁を「市技」に指定している。

2004年(平成16年)、第一回囲碁殿堂に徳川家康、本因坊算砂、本因坊道策と並んで顕彰された。


YOUTUBE動画 本因坊秀策 HNKドキュメント


秀策極みの一手―最強本因坊の大局観、判断力30選



=>Back