■アイバ・戸栗・ダキノ - 東京ローズ、女性初国家反逆罪から名誉回復 -

■東京ローズ(英語: Tokyo Rose)とは?

=>日本軍が太平洋戦争中におこなった連合国側向け
プロパガンダ放送の女性アナウンサーに、アメリカ軍将兵がつけた愛称。

「東京ローズ」に該当するのがどのアナウンサーであるかは、アメリカ軍兵士からは明確に判らないままであったため、
戦争開始前に太平洋上で行方不明になり、その後「日本軍に捕らわれた」と噂された女性飛行家のアメリア・イアハートが「『東京ローズ』の1人として活動していた」とさえ噂されたことがあった。

終戦後、来日したアメリカ人記者達は東京ローズを、連合国軍最高司令官総司令部 (GHQ)の制止を振り切っても捜し回った。

アメリカの従軍記者から取材を受けた「ラジオ・トウキョウ放送」の関係者は、「誰が『東京ローズ』であるか」の質問に対して、アナウンサーが戦犯として問われることを恐れ、担当アナウンサーの名前を隠し続けていた。

ところが、アメリカの従軍記者からの取材に対し、アイバ・戸栗・ダキノ(アイバ・戸栗・郁子)は、「東京ローズ」の一人であると唯一認めたため、その後、国家反逆罪に問われた。

しかし、裁判で兵士が証言した「東京ローズ」の声質や放送内容が、戸栗のそれとは一致しないのが実情であった。

後に公開されたFBIのファイルに、「東京ローズ」の「候補」として複数の女性アナウンサーの顔写真があった。

マッカーサーはコレヒドールで「東京ローズ」の放送を聴いたが、それはアイバが実際に放送を始める2年前のことであったことが「マッカーサー回想録」から読み取れる。

兵士が証言した「東京ローズ」は、放送期間と放送された
内容や声質、およびその声紋などから、日本初の女性英語アナウンサーであるジェーン・須山こと須山芳江(1920年 - 1949年、バンクーバー育ち。「南京の鶯」と呼ばれた)である可能性が高い。

須山はアイバ・戸栗・ダキノの裁判の最中、1949年(昭和24年)7月18日横浜で映画を観た帰路、アメリカ軍兵士の飲酒運転により事故死したが、日本の警察にも在日米軍にも記録が無い。


■プロパガンダ放送「ゼロ・アワー」:

日本政府は大東亜戦争(太平洋戦争)中、「ラジオ・トウキョウ放送(現在のNHKワールド・ラジオ日本)」で、イギリス軍やアメリカ軍、オーストラリア軍をはじめとする連合国軍向けプロパガンダ放送を行っていた。

捕虜から家族宛の手紙の紹介等をしていた。

1942年(昭和17年)2月に軍当局の発案で、連合国軍捕虜のラジオ放送の専門家を使う事にし、元オーストラリアABC放送のアナウンサーで、オーストラリア兵捕虜のチャールズ・カズンズ少佐、元アメリカのフリーランスアナウンサーで、アメリカ兵捕虜ウォーレス・インス大尉、レイズ中尉らを参加させた。

チャールズ・カズンズ少佐は当初拒んだが、最終的に承諾した。

そして始まったのが「ゼロ・アワー」で、音楽と語りを中心に、アメリカ人捕虜が連合国軍兵士に向けて呼びかけるというスタイルを基本とした。

1943年(昭和18年)3月から、無条件降伏前日の1945年(昭和20年)8月14日まで放送され、太平洋前線のアメリカ軍兵士らに評判となった。

英語を話す女性アナウンサーは複数存在したが(同局の女性アナウンサーは4人から20人ほどいたという証言もある)、いずれも本名が放送されることはなく、愛称もつけられていなかった。

そこで、魅了する声や口調で、「今頃あなた達の奥さんや恋人は他の男と宜しくやっている」など、棘のある内容を話す声の主に、アメリカ兵が「東京ローズ」の愛称を付けた。

1943年11月からアナウンサーに加わったアイバ・戸栗・ダキノ(アイバ・戸栗・郁子)は、自ら「孤児のアン」という愛称を名乗って曲の紹介等をしていた。

「東京ローズ」の人気はアメリカ本国で戦時中にもかかわらず、映画『東京ローズ』が製作・公開されるほどであった。


■YOUTUBE動画: ゼロ・アワー ~東京ローズ最後のテープ

■YOUTUBE動画: 1976 CBS NEWS SPECIAL REPORT: Iva Toguri D'Aquino(A.K.A) TOKYO ROSE

東京ローズ (文春文庫 (295‐1))



■アイバ・戸栗・ダキノ(Iva Toguri D'Aquino)

日系アメリカ人、日本名・旧姓:戸栗 郁子(とぐり いくこ)

1916年7月4日 - 2006年9月26日没

「東京ローズ」の1人として、もっとも著名な人物である。


巣鴨プリズン拘置時の顔写真

■生い立ち:
1916年7月4日に、輸入雑貨店を経営する山梨県出身の父・遵と、東京府出身の母・ふみのもと、日系アメリカ人2世としてアメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルスに生まれる。

日本人の両親の元で生まれたものの、両親の教育方針により、アメリカ風のしつけと教育を受け、日本語の正式な教育を受ける機会は与えられなかった。


■来日:
カリフォルニア大学で医学を学び、大学院在学中の1941年(昭和16年)7月に叔母・シズの見舞いのため、半年の滞在予定で来日したが、両親から「アメリカ人」として教育を受けていたため、日本人の生活様式や習慣には馴染めなかった。

とりわけ彼女を悩ませたのは、アメリカには無かった銭湯での「混浴」と、アメリカの基準から見て「不衛生」な日本家屋の便所であった。

このため来日後、何度も両親へ「アメリカに帰りたい」という手紙を送っている。

同年12月の太平洋戦争開戦でアメリカへ戻ることが不可能となる。

戦時中に2度、日米間で運航された戦時交換船によるアメリカ渡航を申請するも、帰国は叶わなかった。

アメリカで母親は日系人収容所へ行く途中に病死していた。

何度も特高警察から日本国籍への帰化の圧力をかけられたが、拒否し続けた。


■孤児のアン:
日本での生活のため同盟通信社の愛宕山情報受信部で外国の短波放送傍受とタイピングの仕事に就く。

翌1942年(昭和17年)からは日本放送協会海外局米州部業務班タイピストとして勤務する傍ら、日本軍の参謀本部の恒石重嗣少佐の下で対外宣伝ラジオ番組(プロパガンダ)のスタッフとなる。

日本語原稿を英語のアナウンス原稿に訳す作業を業務としていたが、連合国軍兵士へのアピール性が期待され、途中の1943年(昭和18年)11月からゼロ・アワーの女性アナウンサーとして原稿を読むことになり、「孤児のアン」と名乗って曲の紹介などをしていた。

終戦間際の1945年(昭和20年)7月、長年同棲関係にあった、日系ポルトガル人の同盟通信社員のフィリップ・ダキノと結婚。当時ポルトガルは中立国であった。

■反逆罪:
巣鴨プリズン拘置時の顔写真終戦後の1945年8月に、
「東京ローズ」の行方を追っていたアメリカの従軍記者により「発見」され、2000ドル(現在の日本円の価値で600万円程度)で独占取材契約し、録画カメラの前で自分が「東京ローズ」だと言明した。

自分が「東京ローズ」であると公言したのはアイバ・戸栗・ダキノが最初で最後だったため、「唯一の『東京ローズ』」として、日米マスコミの取材合戦が過熱し、強い関心の的となった。

その為独占の契約を守れず、契約金は支払われなかった。

その後、GHQにより反逆罪容疑で巣鴨プリズンに投獄されるが、証拠なしとして釈放される。

しかし、母国アメリカに帰国後、カリフォルニア州の検事から「対日協力者」としてアメリカで最も重罪である国家反逆罪で起訴され、1949年7月5日にカリフォルニア州サンフランシスコ連邦裁判所で陪審員裁判に掛けられたが、陪審員12名は全員白人系だった。

総費用7億円というアメリカ建国史上最高の裁判となった。

弁護側は、アメリカ兵の戦意を喪失させる意図はなかった等と、否認した。証人として、元日系アメリカ人で日本国籍を取得した当時の同僚たちが、台本もアイバ・戸栗・ダキノ自身が用意していたなどと証言した。

大統領選挙を控えたトルーマン政権のTom C. Clark司法長官による陰謀説もある。

判決は有罪となり、禁錮10年と罰金1万ドル、アメリカ国籍剥奪などを言い渡され、女性として史上初の国家反逆罪となった。

6年2ヶ月の服役後、模範囚として釈放された。


■名誉回復:
人種差別が合憲とされていた当時のアメリカにおいて、
裁判の陪審員に問題があるなど、終始人種的偏見に満ちたものであったため、1970年代には全米日系アメリカ人市民協会や在郷軍人たちによる支援活動が実り、有罪判決は疑問視されるようになった。

1976年に、裁判の証人だった元上司二人が「証言は事実でなく、FBIに偽証を強要され、リハーサルもさせられた。」などと告白した記事を、アメリカ人日本特派員記者がスクープ報道した。

1977年1月19日、フォード大統領による恩赦によりアメリカの国籍を回復した。

その後、シカゴに転居し、父が創業した輸入雑貨店
「戸栗商店 (J. Toguri Mercantile Co.)」で、晩年まで働いていた。

当初は反逆者の汚名を着せられたアイバ・戸栗であったが、晩年の2006年1月には、「困難な時も米国籍を捨てようとしなかった“愛国的市民”」として退役軍人会に表彰され、感激の涙を流している。

2006年9月26日、脳卒中のため、90歳で死去。


■エピソード:
2001年の映画『パール・ハーバー』、2006年の映画『父親たちの星条旗』などで、兵士達が「東京ローズ」の放送に聞き入るシーンが登場する。



「東京ローズ」の1人であるアイバ・戸栗・ダキノ(GHQによる取調べ時)



=>Back