■読んではいけない人物伝 森啓成 (もりよしなり)
古谷駒平 - 明治・大正時代を通じてアフリカでもっとも成功した日本人。 英語流暢。柔道の有段者。豪胆で痛快 -




古谷 駒平とは?



古谷 駒平(ふるや こまへい)

1870年1月 - 1923年9月1日

日本の実業家。

明治時代に南アフリカ共和国で日本雑貨と東洋古美術を扱う「ミカド商会」をケープタウンに開き、明治・大正時代を通じてアフリカでもっとも成功した日本人と言われた。


■略歴:


古谷が店を開いたケープタウンのアデレー通り。1897年



茨城県筑波郡小田村で、父・古谷定次郎、母・きんの三男として生まれた。

1887年(明治20年)に単身アメリカに渡り、サンフランシスコで白人の下働きののち、ハワイに移ってホノルル市のホテル通りで雑貨店を営んでいたが、元牧師で税関の通訳をしていた星名謙一郎のアヘン密売に関わり、1896年(明治29年)に星名らとともに逮捕され、星名からアヘンを買うための金を別の日本人に頼まれて用意したこと、その者からアヘンを預かったことを自白。

翌年ハワイを離れて帰国し、翌1897年に妻の飯星喜代子を連れて横浜からケープタウンに向かった。

喜代子は熊本県出身のハワイ日系移民2世で、農園で働いていたときに古谷と知り合った。

ケープタウンでは、目抜き通りのアデレー通りに日本雑貨と東洋古美術の店「ミカド商会(Japanese Shop Mikado)」を開店。

店名のミカドは、アヘン事件で一緒に逮捕された一人がハワイで「ミカド・ギャラリー」を経営していたことからの借用と思われるが、ミカドという言葉自体は、1885年のロンドンでのミカド (オペレッタ)の成功で、神秘的な東洋を表す言葉として欧米人に馴染みがあった。

アメリカで覚えた流暢な英語と、ちょうど勃発した第二次ボーア戦争によるにわか景気で古谷の店は大いに繁昌した。

ミカド商店では、化粧品、コピー紙、製図紙、扇子、石綿、電球などの雑貨品をはじめ、絹布、綿布、陶磁器、缶詰、美術品を日本から輸入するかたわら、羊毛、駝鳥の羽、薬草を日本へ輸出した。

1906年(明治39年)には同郷の大塚徳一がアフリカ入りして営業を手伝い、大正時代には、鈴木平四郎、倉数定、飯島高美、新井有二が勤務した。

次第にアジア人に対する差別が酷くなり、古谷は1909年の書簡の中で、ヨハネスブルグなどにも商圏を広げる予定だったが、人種差別が非常に激しく、諦めたと記している。

英国政府は日本人商人の南アフリカへの入国を拒否し、古谷は第一次大戦が勃発した翌年、店を従業員に任せて帰国した。

大阪朝日新聞によると、南アフリカの日本人は激減し、日本人経営の店はケープタウンに飲食店が2軒あるのみで、ミカド商会も1917年にはダーバンにあるのみと報じている。

日本に帰った古谷は、1919(大正8)年に、ノリタケで成功していた森村市左衛門と50万円ずつを出資して、神戸にミカド合資株式会社を設立し、ケープタウンにミカド貿易株式会社を設立した。

その後、古谷は森村商事の横浜支店で事務を担当し、勤務中に関東大震災に見舞われ、従業員数人とともに亡くなった。 享年55。

古谷の死後、ミカド商会は実質上森村商事の傘下にはいり、派遣された森村の社員が経営に当たり、古谷時代の従業員たちはのちにそれぞれ独立した。

第二次世界大戦の勃発直前までは、森村商事の高井清吉が経営にあたっていたが、1942年に現地政府の日本人財産没収により閉店した。


■人物:

ハワイの邦字新聞『日布時事』の主筆・相賀安太郎の回想録によると、古谷は英語がうまく、柔道の有段者、豪胆で痛快な人物だったという。






=>Back