■読んではいけない人物伝 森啓成 (もりよしなり)
ロッキー青木 - レスリング全米選手権で優勝。鉄板焼きレストランチェーン「BENIHANA」の創業者。実業家、冒険家、バックギャモンプレーヤー -



ロッキー青木とは?



青木 廣彰(あおき ひろあき)

1938年10月9日 - 2008年7月10日)

日本の実業家、冒険家、元レスリング選手、バックギャモンプレーヤー。

東京都出身。

アメリカ合衆国の鉄板焼きレストランチェーン「BENIHANA」の創業者。

通称、ロッキー青木


■経歴:

1938年10月9日、俳優・タップダンサーとして郷宏之の芸名で活躍し、後にレストランチェーン紅花 (BENIHANA) 共同創業者となる青木湯之助、青木かつの長男として中野で生まれる。

青木家は江戸時代は紀州徳川直参の旗本だった和歌山県士族の旧家である。

1951年4月、慶應義塾中等部に入学。

1957年3月、慶應義塾高等学校卒業。

慶應義塾大学経済学部在学中にはレスリング部に所属した。

1959年、レスリング日本選抜で米国遠征し、そのままアメリカに残る。

ニューヨーク市立大学シティカレッジ (CCNY)に入学し、レストラン経営学を学ぶ。

1960年、ローマ五輪の日本レスリングチーム補欠選手。

1962年、ニューヨーク市ハーレムで移動アイスクリーム屋を開き、和傘のミニチュアをアイスクリームに添えるアイディアが功を奏し成功を収める。

1962年、1963年、1964年のレスリング全米選手権のフリースタイルとグレコローマンスタイルでそれぞれ優勝し、レスリング選手として活躍した。

1964年、米国選手として東京オリンピック出場選手に選ばれるが米国市民権がなく、結局2回の五輪出場チャンスを逃すこととなる。ニューヨーク市立大学シティカレッジを卒業。

1964年、両親が既に日本橋を本店に銀座などで洋食屋「紅花」を数店舗経営していたため、両親兄弟も伴い家族も渡米し、鉄板焼きレストラン「BENIHANA OF TOKYO」第1号店をニューヨーク・マンハッタン西56丁目に開業。

コメディアン的ボードビリアンのステージアクターだった父・青木湯之助(郷宏之)のアイディアでパフォーマンスを取り入れた鉄板焼きをはじめる。

珍しさも相まって多数のマスコミに取材され店は繁盛し、ヒルトンホテル会長・バロン・ヒルトンからも出店依頼が来るようになり、後に米国内80店を含む世界110店舗を展開する、一大日本食チェーンとなる「BENIHANA」の礎を築き、実業家としての成功を手にする。

1975年、バックギャモンの全米チャンピオンになる。

1979年12月27日、父・青木湯之助死去。

1980年、パワーボート世界大会で2位になる。

1982年、4人乗り気球「ダブルイーグルV」での太平洋横断を行う。

また、ニューヨーク倫理友の会会長を努めた。

ビジネス成功本を多数執筆したり、ネットワークビジネス宣伝本等を翻訳した。

1999年、インサイダー取引で不正な利益を得たとして罰金50万ドル、保護観察3年の有罪判決を受け、ナスダックに上場する「BENIHANA」会長の座を辞任する。

2001年1月、母・青木かつ死去。

ロッキー青木は、青木四郎ら弟たちに未払い遺産分割に対する訴えを起こし、ロッキー青木が全面勝訴した。

2001年7月、ニューヨーク在住コンサルタント小野恵子(結婚後は青木恵子)と再婚(ロッキーは3度目の結婚)。

2005年、財産分与を巡り、6人の実子のうち、スティーヴ・アオキとデヴォン青木を除く、4人を訴える。

2008年7月10日夜、ニューヨーク市内の病院で肝臓がんに伴う合併症(肺炎)のため死去。

2008年7月31日、ニューヨーク・アスレチッククラブで偲ぶ会が行われ、同クラブ9階の会場に生前交流の深かった300人余りが顔を見せた。

2010年8月、裁判所は死去後の訴えを退け、ロッキー青木の遺言通りに執行された。

現在は、妻である青木恵子がBenihana of Tokyoのすべての管財人である。

ロッキー青木の連れ子がモデルで女優のデヴォン青木と、ディスクジョッキー(DJ)のスティーヴ・アオキである。


■家族:
両親・青木湯之助、青木かつ

妻・小林ちづる(1964年結婚)、パメラ・ヒルバーガー(1981年結婚)、小野恵子(1956年生まれ。2002年結婚)

子・小林との間にグレース(かな、1968年生まれ)、ケヴィン(1968年生まれ)、スティーヴ(ひろゆき、1977年生まれ)、パメラとの間にカイル(1976年生まれ)、エコー、デヴォン(1982年生まれ)


■関連書籍:

人生死ぬまで挑戦だ








=>Back