■読んではいけない人物伝 森啓成 (もりよしなり)
櫛引弓人 - 興行師。博覧会キング。セントルイス、シアトルの万国博覧会で辣腕をふるう。川上音二郎一座アメリカ公演の発案者 -



櫛引弓人とは?



櫛引弓人(くしびき ゆみんど)

1859年 - 1924年

日本の興行師。

博覧会における各種興行を取り扱う「ランカイ屋」と呼ばれる興行師の一人で、「博覧会キング」と呼ばれた。


■経歴:

青森県三戸郡五戸町に生まれる。

慶應義塾入学後、1885年、渡米する。

1893年、シカゴ万国博覧会で、日本庭園を作り、そこで日本娘による茶のサービスを行う。

1896年、アトランタに日本庭園と球戯場を作り、資金を作り、興行師としての基礎を固める。

1897年には、映写機(ヴァイタスコープ(英語版))と映写技師をつれて日本に戻り、東京で初の映画の上映会を行う。

1899年、川上音二郎一座のアメリカ公演も彼の発案である。

その後、セントルイス、シアトルの万国博覧会で辣腕をふるう。

1910年の日英博覧会では、在米邦人が出資して作った「ジャパン・ビューティフル」の総支配人を務め、大きな富士山のジオラマの前に高さ約30メートルの鎌倉大仏を作り、色鮮やかな投光と組み合わせて見せた。

また、1915年には、チャールズ・ナイルズ、翌1916年にはアート・スミスと女性飛行士キャサリン・スティンソンを連れて日本に戻り、日本各地でアクロバティック飛行の興行を打った。


■関連書籍:

人生は博覧会 日本ランカイ屋列伝






=>Back