国連英検対策 (2001/7/23)

1、特A級の評価基準と査定内容
(評価基準)
文法力、単語量を評価対象とするのではなく、英語の運用力と国際常識を基に、国際社会での適応能力を判定する。 国際会議に参加して、意思を伝え、自由に討論できる能力を保持していること。 知識、態度、判断能力等、真に国際人と呼ぶにふさわしい人。
(査定内容)
第一次テスト : 筆記テスト(テープテストなし)
第二次テスト : 面談テスト(総合的英語力、適応力)。 外国人とのフリートーキング(約15分)
2、 試験問題
特A級1次の試験問題は大きく分けて次のような問題が出題される。
* 長文内容真偽問題
* 語彙問題
* 英語で小論文(エッセイ)を書く問題
* 国連知識を問う問題
3、特A級対策
わたしが特A級試験に関して、有効であると思う対策法を以下に述べてみる。
 特A級合格のカギは3点; 1:速読、速解力、2:英作文力、3:国際経済、政治に関する知識
(1)速読、速解力対策
 とにかく多読を通して、日本語を読むのと同じ速度で英文を読めるように訓練する。
 速読には、英語の語順で読み、理解する力、単語力、背景知識の蓄積が必要。
* 語彙力up、背景知識蓄積の為のNewsweek、 The Economistの精読、速読。
 英々辞書を活用して語感を磨く
(2)エッセイ対策
* 英文小論文のパターンに与えられたテーマをあてはめて書く。(150-200語)
* 英語論文に使われる最低限の決り文句は覚えておく。
パターン例
* 導入(Introduction), 本文(Body), 結論(Conclusion)
* 結論(Conclusion)、結論説明(Supporting sentence)、結論補強(Reinforcement)
(3)国連知識問題対策
* 指定書籍”TODAY'S GUIDE TO THE UNITED NATIONS”からは必ず何問か出題されるので事前に読んでおく。
* 国連関連のニュースを扱うWeb Siteにアクセスして、最近のニュースに目を通しておく。
http://www.un.org/News/