時事英単語 17 (通検対策)  (2002/9/21)


2002年9月21日(土)

(キーワード) 
育児休業制度:child-care leave / system of child-care leave




坂口厚生労働相は20日、首相官邸に小泉首相を訪ね、男女別の育児休業取得率の目標値などを盛り込んだ新たな少子化対策案を報告、了承された。社会全体で子育て世代を支援するため、地方自治体、企業に実施期限を明確にした行動計画の策定を求めている。厚労省は、早ければ2003年の通常国会で、育児・介護休業法や児童福祉法、労働基準法などの関連法を包括的に改正する特別立法を目指す。坂口氏は首相との会談で、行動計画について「育児休業を取れる環境作りが大事で、策定を義務付ける必要がある」と伝え、首相も受け入れた。

対策案は、育休取得率の目標値について、妻が出産した男性労働者の10%=約10万人(99年度0・42%)、出産した女性労働者の80%=約14万人(99年度56・4%)に増やすことを明記した。企業に対しては、子供の急病時などに看護できる休暇制度の普及率を25%(99年度8・0%)、子供が小学校に就学するまで、勤務時間の短縮などを認める各種制度の普及率を25%(同7・0%)と、それぞれ定めた。厚労省は「今後2、3年で集中的に実現を目指す」としており、育休取得に積極的な企業に対し、奨励金を支給する方針だ。

また、育児期間中に労働者の収入が減ったり、なくなっても将来の年金額が不利にならないよう、2004年の次期年金制度改正で年金加算の仕組みを検討することも打ち出した。

行動計画に関しては、各地方自治体が地域の保育ニーズを反映した具体策を盛り込むことを想定。企業に対しては、育児を支援する委員会を社内に設置することなどを求め、首相や厚労相が経済団体代表を通じて要請するとしている。

対策案は、「育児より仕事優先」という働き方を見直すため、国、地方自治体、企業の取り組むべき方向を示している。



(語句)

厚生労働省:
Health, Labor and Welfare Ministry / Ministry of Health, Labor and Welfare 〔2001年1月6日に「労働省」がこの名称に変更された。

首相官邸:
office of Prime Minister / official residence of the prime minister / prime minister's official residence
  • 首相官邸に呼ばれる:be summoned to the Prime Minister's Official Residence

育児休業:
maternity leave
  • 父親の育児休業:paternity leave
  • 女性社員が育児休業を取ることのできる会社:company that make maternity leave available to female employees
  • 育児休業を取る:take time off from one's job to care for one's newborn baby / take maternity leave to care for one's newborn baby
  • 育児休業期間:child-care leave period
  • 育児休業期間中の経済的援助:financial support offered during maternity leave
  • 育児休業制度:child-care leave / system of child-care leave
  • 育児休業制度の拡充する:expand systems of child-care leave
  • 育児休業法:Childcare Leave Law / Law for Child-Care Leave / child-care leave law

少子化:
declining birth rates / declining birthrate / decrease in the number of children / falling birthrate / low fertility / reduced birthrate
  • 急激な少子化:rapid plunge of the birth rate / sharp decline in the number of births
  • 急速な少子化:sharp decline in the number of births
  • 少子化で:due to the low birthrate
  • 少子化という時代の中で:in the context of the falling birthrate
  • 少子化による生徒数減少:fall in the number of students because of the declining birthrate
  • 近年急速に進行している少子化に対応する:respond to the birth rate rapidly declining in recent years
  • 少子化に対処する:cope with the declining number of births
  • 少子化を食い止める:fix the declining birthrate
  • 少子化時代の:in a time of low birthrates
  • 少子化時代の競争激化の中で〜によって学生を引き付ける:attract students amid intensifying competition due to low birth rates by
  • 少子化社会:society with fewer children
  • 少子化対策:countermeasures to the falling birthrate
  • (主語によって)少子化対策になる:be instrumental in reversing the birthrate decline
  • 少子化対策に効果がある:effective in reversing the decline in the nation's birthrate
  • 少子化対策を講じる:devise countermeasures to the falling birthrate

子育て:
how to raise children / parental care // parenting
  • 進歩的な子育て:progressive parenting
  • 子育て(の):child-rearing / child-raising
  • 子育てしながら新しい技術を身につける:master a new skill while raising kids
  • 子育てする人:nurturer
  • 子育てと仕事をうまく両立させる:successfully combine child rearing with a career
  • 子育てと仕事を両立する:achieve a balance between work and child-rearing [child-raising]
  • 子育てと職業の両立の困難:difficulty of raising children and working at the same time
  • 親から子育てについて学ぶ:learn about childcare from one's parents
  • 子育てによるストレス:stress of raising children
  • 子育てに関する情報:child-care information
  • 子育てに関する情報はあり過ぎるほどあります:There is a plethora of child care information.
  • 子育てに協力する:cooperate in raising the child
  • 子育てに携わる:be involved in child-rearing [child-raising]
  • 子育てに無関心な:apathetic to child-rearing [child-raising]
  • 子育ての期間:period of child-rearing [child-raising]
  • 子育ての負担を負う:bear the entire child-rearing burden
  • 子育ては一生の仕事だ:Parenting is a lifelong commitment.
  • 子育ては妻に任せきりである:leave the child upbringing to one's wife
  • 男性の子育てへの参加:males' participation in child-rearing [child-raising]
  • 仕事と子育てを両立する:keep working while raising children
  • 子育てを行う:carry out one's child-rearing [child-raising]
  • 子育てを支援する:support the bringing-up of children
  • 子育て支援を行う:provide support to families raising children
  • 子育て世帯を支援する:support families with small children
  • 子育て世代を支援する:support families with small children
  • 子育て中の従業員が働きやすい環境を提供する:provide working conditions conducive to employees caring for children

地方自治体:
commune / deme / local authority / local autonomous body / local council / local government / local governmental units / local governments / local public entity / municipal corporation / municipality / prefectural and municipal government
  • 地方自治体から資金供与を受ける:get local funding
  • 地方自治体から補助を受けている:be subsidized by the local government
  • 地方自治体によって異なる:vary in different areas according to the local authorities
  • 地方自治体に積極的に働きかけて〜する:aggressively press one's local authority to
  • 地方自治体に提案する:submit a proposal to local governments
  • 地方自治体の:communal
  • 地方自治体の規則:city codes
  • 地方自治体の許可:local government approval
  • 地方自治体の自立:independence of local governments
  • 地方自治体の所有にする:communalize / communalise
  • 地方自治体の条令:local ordinance
  • 地方自治体レベルの政治に参加する:participate [take part] in politics at the local government level
  • 地方自治体管轄の:unclassified / unclassed
  • 地方自治体間の財政力の格差を減らす:reduce the financial differences between local governments
  • 地方自治体向けにマニュアルを作成する:prepare a manual for local governments
  • 地方自治体向けの融資:loans to local authorities
  • 地方自治体法によると:under a municipal law

通常国会:
ordinary diet session / ordinary session of the Diet / regular Diet / regular Diet session / regular session / regular session of the Diet
  • 通常国会で:during the ordinary parliamentary session
  • 通常国会でこの問題を取り上げる:take up this problem during the ordinary session
  • 法案を今度の通常国会に提出する:present the bill in the coming Diet session
  • 通常国会に法案を提出する:submit the bills to the ordinary session of the Diet

育児・介護休業法:
Law concerning the Welfare of Workers Who Take Care of Children or Other Family Members Including Child Care and Family Care Leave

児童福祉法:
Child Welfare Law

労働基準法:
Labor Standards Law // labor standard act

普及率:
adoption rate / diffusion rate [ratio] / dissemination rate / number published per capita
  • インターネット普及率:Internet diffusion rate
  • 一人当たりの普及率:per-capita distribution rate
  • 高い普及率:near-ubiquity
  • インターネット普及率の予測値を上回る:exceed the estimated Internet diffusion rate
  • 〜の世界一の普及率を誇る:lead the world in the number of

奨励金:
bursary / encouragement〔(反)discouragement.〕 / financial incentive / incentive / incentive pay / incentive salary / premium money / premium pay / results wage
  • 奨励金の出る:bountied
  • 奨励金を支給する:offer cash incentives
  • 奨励金を受けた:bountied
  • 〜に奨励金を出す:give incentives to
  • 〜に奨励金を与える:give incentives to
  • 奨励金付きの:subsidized
  • 奨励金付きローン:subsidized loan

年金制度:
annuity system / pension administration plan / pension plan / pension program / pension scheme / pension system
  • 会社がやっている年金制度:company-sponsored pension plan
  • もしあなたの会社に年金制度がなければ、自分の退職金計画を設定するのはあなたの責任です:If your company doesn't have any pension plan, that puts the onus on you to set up your own retirement plan.
  • 年金制度に加わる:join the pension system
  • 年金制度に従い_月末をもって職を退く:retire under the pension plan at the end of
  • 年金制度の改善:pension reform
  • 年金制度への不信を解消する: eliminate distrust of the pension system
  • 年金制度への不信感を育てる:foster distrust in the pension system
  • 年金制度を全面的に洗い直す:overhaul the annuity system
  • 年金制度改革:pension reform
  • 年金制度改正関連法案:bills for changing the pension system


(キーワード) 
拉致事件:abduction case



北朝鮮による拉致(らち)事件で、5人目の生存者である可能性が高まった新潟県真野町(佐渡島)の准看護婦、曽我ひとみさん(当時19歳)。1978年8月、母親のミヨシさん(同46歳)とともに、工作員によって北朝鮮へと連れ去られた疑いが濃厚だ。24年前の失跡の謎を解きほぐす衝撃の情報に、日本海を望む静かな海辺の町は、驚きの声をあげた。
「亡くなったものと思っていたが、拉致と聞いてやっと腑(ふ)に落ちた」。

ひとみさんが通っていた高校の担任だった本間和城さん(57)は20日朝、新たな拉致被害者の名が「ソガ・ヒトミ」と知り、「曽我さんに違いない」と直感した。

2人の失跡後間もなく、本間さんは、島と本土をつなぐフェリー乗り場で、乗船名簿の束をめくった。以前、家出騒ぎを起こした生徒を捜した時、調べたことを思い出したからだ。しかし、名前は見あたらなかった。「島を出た形跡はないのに、なぜ……」

周囲の人々も同じ思いだった。失跡するような理由が全く見あたらなかったからだ。

8月12日午後6時ごろ、夕食を済ませたひとみさんは、父親の茂さんと妹の富美子さんに「お盆の支度で買い物に行ってきます」と言い残して、ミヨシさんと一緒に家を出た。

2人の消息は近所で買い物をした後、自宅から100メートルのところでぷっつり途絶えた。

ひとみさんは花柄の白地の半袖シャツ、ミヨシさんは7分丈ぐらいの黒っぽい作業着姿で、サンダル履きの軽装。遠出したとは考えられなかった。

さらに、ひとみさんは、病院で働きながら通った4年制夜間高校の卒業を、半年後に控えていた。同級生たちは「苦労して単位を取ってきたのに、彼女が投げ出すわけがない」と不思議がった。ミヨシさんも、失跡当日の午後、「明日はお墓に供えるお赤飯をたくわ」と同僚に明るく話していた。

「もしかしたら、あの船が」と想像した住民もいた。国道から200メートルの距離に広がる真野湾に不審な小舟が停泊していたからだ。

親類の1人は、木造の古い船が岸から100メートルほど沖合に停泊していたのを見ていた。全長約5メートル。ちょうど釣り船くらいだったという。船体の四隅に棒のようなものが立っていて、天井部分は縄で編んだござのようなもので覆われていた。人の姿は見えなかった。

「汚い感じで、ここらへんの船とは違うように見えた。家族に『変な船があった』と話したのをおぼえている」という。

失跡から15年後。集落のしきたりに従い、「遺体」のないまま、2人の葬式が行われた。「本当に北朝鮮にいるのでしょうか。もう24年もたっているから、生きていたとしても大変だ」。近所に住む臼木ミエさん(79)はため息をついた。



(語句)

拉致事件:
abduction case
  • 一連の拉致事件の犠牲者:victim in a string of abduction cases
  • 拉致事件を解決する:solve the abduction cases

生存者:
remnant / survival / survivor
  • ホロコーストの生存者:Holocaust survivors
  • 奇跡的な生存者:miraculous survivor
  • 原爆の生存者:A-bomb survivor
  • 航空機事故の生存者:survivor from the airplane crash
  • 事故の生存者:accident survivor

准看護師:
assistant nurse / practical nurse / practicing nurse / state enrolled nurse / vocational nurse

北朝鮮の工作員:
North Korean agents
  • 北朝鮮の工作員に拉致される:be abducted by North Korean agents
  • テロ工作員の自由な動きを妨げる:hinder the free movement of terrorist operatives
  • 工作員の可能性のある人物:possible spy

腑に落ちない:
be not quite clear to one / fall short of the mark / feel uncomfortable / hard to understand / not go down with one / not sit right / not sit well
  • 〜が腑に落ちない:not entirely comfortable with〜

お盆:
Buddhist festival period called bon / Obon festival / lantern festival
  • お盆休み:Bon vacation

消息:
goings-on / nouvelle / speerings / tiding / witting
  • 〜から消息がある:hear from
  • 政界の消息に通じている:be experienced in the coulisses of the political world
  • 〜の消息に通じている:be well posted // be well primed // be well-informed
  • 海上で消息を絶つ:disappear over the sea
  • 〜に消息をもたらす:bear tidings to
  • (人)の消息を耳にする:hear of someone's news
  • 〜の消息を失う:lose sight of
  • (人)の消息を知っている:account for
  • (人)の消息を聞く:hear about / hear someone's news / hear the news about [of] / learn the news about [of]
  • 消息筋:informed source / source / sources of information / well-informed circles / well-informed quarters / well-informed source
  • 消息筋の間で:among informed sources

赤飯:
festive red rice
  • 赤飯を蒸す:steam the red-bean rice

停泊:
anchorage / moorage / mooring
  • (船の)停泊:berthing
  • 船を停泊させる:anchor a boat / anchor a vessel / ride a ship at anchor / tie a boat up
  • 船舶を停泊させる:anchor a ship
  • 停泊させる:moor
  • (船を)停泊させる:get tied up / tie up
  • 停泊して:at anchor
  • 停泊している:be berthed / be moored / ride at anchor
  • 港に停泊している:lie at anchor in the harbor
  • 停泊する:come to an anchor / get it all tied up / lay at anchor / moor / take up moorings / tie up
  • 沖合に停泊する:anchor offshore / make an offing
  • 海岸近くに停泊する:anchor inshore
  • 港に停泊する:dock at the harbor
  • 港外に停泊する:be anchored outside the port / lie at anchor off the harbor

集落:
colony / settlement

しきたり:
convention / conventionalism / conventionality / folkways〔(用法)複数で使う〕 / mores / observance / ordinance / practice / ritual / tradition / traditional practice / use and wont 
  • しきたりどおりに行動する:keep on the rails
  • しきたりに反する:depart from usual practice
  • しきたりの:customary
  • しきたりを守る:conventional / observe the conventionalities

遺体:
blob / body / dead body / remains / stiff
  • 火葬されようとしている遺体:body being cremated
  • 犠牲者の遺体:remains of the victims
  • 虐殺された遺体:massacred bodies
  • 行方不明の遺体:body of missing


(キーワード) 
北朝鮮の工作船:North Korean covert-operations boats



政府は20日、北朝鮮工作員による日本人拉致(らち)事件と昨年12月に発生した鹿児島県・奄美大島沖の工作船事件について、北朝鮮に賠償を要求する方針を固めた。10月に再開する日朝国交正常化交渉で、核開発など安全保障問題や経済協力と並んで主要テーマの一つとし、拉致については捜査協力や犯人引き渡しも要請する。


拉致被害者が8人も亡くなっていたことで、北朝鮮に対する国民の反感が高まり、正常化交渉を再開するには、北朝鮮に毅然(きぜん)とした姿勢を示す必要があると判断した。

政府として、最終的に北朝鮮に賠償を求めることにしたのは、〈1〉北朝鮮工作員が日本に不法入国を繰り返し、日本の国家主権を侵した〈2〉70年代から80年代にかけ、繰り返し日本人を拉致して北朝鮮に連行し、日本の家族らとの連絡も取らせなかった――ことなどが根拠となっている。

北朝鮮への賠償要求額は未定だが、拉致事件被害者の家族の精神的苦痛や慰謝料、巡視船の修理費などを基に算出する考えだ。

小泉首相は20日、フジテレビの報道番組の録画撮りで、日本人拉致事件について、北朝鮮に対し、近く捜査への協力、犯人引き渡しなどを要請する考えを明らかにした。



(語句)

北朝鮮の工作船:
North Korean covert-operations boats

  • 工作船が領海に侵入するのを阻止する:block the intrusion of spy ships into one's waters

日朝関係:
Japan-North Korea relations
  • 日朝関係を打開する:make a breakthrough in Japan's relations with North Korea
  • 日朝交渉:Japan's negotiations with North Korea / Japan-North Korea negotiations
  • 日朝国交正常化交渉:negotiations to normalize diplomatic relations between Japan and North Korea
  • 日朝国交正常化交渉を進展させる:promote negotiations to normalize Japan-North Korea relation

犯人引き渡し:
extradition
  • 犯人引き渡し協定:bilateral extradition agreement
  • 犯人引き渡し条約:extradition treaty

安全保障問題:
security concerns / security issue
  • 懸案の安全保障問題:pending security issues
  • 安全保障問題に取り組む:tackle a security problem

賠償:
compensation / indemnification / reparation / restitution
  • (人)を相手取って賠償を要求する:claim compensation against someone
  • (〜の)賠償を要求する:demand satisfaction (for)
     

国民の反感:
public backlash / public rejection

毅然と:
firmly
  • テロに毅然と立ち向かう:stand firmly against terrorism
  • 毅然とした:(as) hard [tough] as nails / assured / resolute / stiff-lipped
  • 〜に関し毅然とした厳しい対応を行う:take a consistently firm line on
  • 毅然とした口調で尋ねる:ask firmly
  • 〜に対して毅然とした姿勢を取る:be firm against
  • 毅然とした人:resolute person
  • 毅然とした態度:firm attitude / resolute stance
  • 毅然とした態度で:with a firm attitude
  • 毅然とした態度で〜を対処する:deal with ~ in a resolute attitude
  • テロに対して毅然とした態度を取る:stand firmly against terrorism
  • 国内外に毅然とした態度を示す:show one's resolute stance both domestically and internationally
  • 〜に対して毅然とした態度を取る:be firm against
  • 毅然として:consistently〔(結び付く動詞・形容詞:denied, refused, opposed, show, said, hostile, shown, maintained, made〕 / with fortitude

不法入国:
illegal arrival / illegal entry / unlawful immigration
  • 偽造パスポートでの不法入国:illegal entry on forged passport
  • 不法入国の疑いで摘発される:be charged with the violation of immigration laws
  • 不法入国外国人:illegal alien
  • 不法入国者:illegal / illegal alien / illegal arrival / illegal entrant / illegal immigrant / wetback〔(語源)メキシコ人が不法に河を越えてアメリカへやって来ることに由来している。メキシコ人同士がこのように呼び合うこともある〕

国家主権:
country's sovereign authority / national sovereignty / state sovereignty
  • 国家主権による免責特権:sovereign immunity
  • 国家主権に関する重大な問題:grave issue related to national sovereignty
  • 伝統的な国家主権の観念を捨てる:relinquish the traditional notions of sovereignty
  • 国家主権の核心に触れる:touch the heart of national sovereignty
  • 国家主権の喪失:loss of national sovereignty

賠償額:
claimable amount
  • 株主代表訴訟での取締役の賠償額に上限を定める:put an upper limit on the damage payment liability of members of a corporation's board of directors in derivative lawsuits brought by shareholders
  • 法律によって賠償額に上限を設ける:place a legal limit on compensation
  • 賠償額の上限:maximum amount of compensation

精神的苦痛:
emotional distress / emotional trauma / mental anguish / mental distress / mental pain / misery
  • 患者の精神的苦痛を取り除くよう努める:work for the relief of one's patients' mental suffering
  • (人)に著しい精神的苦痛を与える:cause someone great mental anguish
  • 精神的苦痛を受ける:suffer mental distress

慰謝料:
consolation money / maintenance / palimony / payment for pain and suffering / solatium

巡視船:
patrol boat / patrol vessel
  • 巡視船との睨み合い:standoff with patrol boats

報道番組:
news shows

録画撮りをする:
pre-tape