Show Biz News 17 (2002/9/18)
2002年9月18日(水)


ジャマイカで独立40周年を記念したベストソング40が発表され、レゲエの神様こと故ボブ・マーリーの「ノー・ウーマン、ノー・クライ」が1位に輝いた。

ベストソングの対象は、ジャマイカが英国から独立した1962年から現在までに発表されたシングルで、まず業界人や記者が100曲を選出。

その後、一般投票を経て、パネリストが最終結果を出した。

マーリーはこの他にも「リデンプション・ソング」が3位、「ワン・ラヴ」が4位と上位10曲中3曲を占めた。

また、ベストソング40曲全体でも最多6曲がランクインしている。[キングストン(ジャマイカ) 17日 ロイター]



ジャマイカ:
Jamaica

  • ジャマイカのボブスレーチーム:Jamaican bobsled team
  • ジャマイカショーツ:Jamaica shorts
  • ジャマイカンパトワ:Jamaican patois 〔ジャマイカの方言〕

独立:
azadi / independence / independency / self-dependence / sovereignty / sovranty / swaraj
  • ジャマイカの英国からの独立:independence of Jamaica from Britain

レゲエ:
reggae

一般投票:
plebiscite / popular vote
  • 一般投票の結果を尊重する:respect the result of the plebiscite
  • 一般投票を行う:hold a plebiscite
  • 一般投票を施行する:call a referendum

redemption:
(名詞-1) (義務・約束の)履行
(名詞-2) (罪の)贖い、救済、解放
(名詞-3) (抵当に入れた財産の)取り戻し、受け戻し、買い戻し、回収
(名詞
-4) 償還、兌換

キングストン:
Kingston (ジャマイカの首都)



"No Woman, No Cry"

DESCRIPTION:

"No Woman No Cry," a deeply personal reminiscence of Bob's impoverished life in Trench Town. The songwriting credit was given to V. Ford, more commonly known among his brethren as Tartar. Had it not been for Tartar's kitchen, Bob would literally have starved on occasion. And there really was a "Georgie" who would keep the fire light as the boys played until the early hours of the morning.

"No Woman No Cry" originally recorded in the studio for the Bob Marley and the Wailers 1974 release, "Natty Dread." The version appearing on Live! was recorded at the Rainbow Theater in London in 1975. The audio clip featured here which appears in the Songs of Freedom box set was recorded at the Roxy in Los Angeles.

(語句)


reminiscence: 
(名詞) 回想、記憶、想起、思い出、追憶、思い出させるもの


impoverished:
(形容詞) 生活の苦しい、貧窮化した、貧乏な、貧困に陥った、極貧の、(土地が)やせた

  • impoverished aristocracy:斜陽族
  • impoverished aristocrat:没落貴族、斜陽族
  • impoverished artist:無一文の芸術家
  • impoverished country:貧困にあえぐ国
  • impoverished farmer:貧困に陥った農民
  • impoverished members of society:社会の貧困層
  • impoverished mind:しぼんだ心
  • impoverished people:貧しい人々

songwriting:
(名詞) 作詞作曲


credit:
(名詞-1) 評判、名声、名誉、名誉となるもの、名誉となる人、誉れ、誉れとなるもの、称賛、功績、手柄、面目を施すこと 
・ Much of the credit goes to him. : ほとんどは[主として]彼の功績である。

(名詞-2) (学校での)履修単位、履修証明

(名詞-3) (功績・作品などの)帰属を承認すること、著作権表示、謝辞、映画やテレビ番組で監督や俳優などの名前を表示すること

(名詞-4) つけ、クレジット、掛け、掛け売り、信用貸し、信用度、信用販売、貸方の記入、貸出限度額、貸付金額、支払猶予期間


(名詞-5) 預金、貸方記号

(名詞-6) 信用、信頼、信望、信用限度、信用手段

(名詞-7) 影響力、勢力

brethren:
(名詞) brotherの複数形、信者仲間、同一の教会員

had it not been for 〜:
もし〜がなかったら

literally:
(副詞) 文字どおり(に)、逐語的に、そっくりそのまま、全く、完全に、誇張なしに、事実上、本当に

starve:
(自動詞) とても空腹である、飢え死にする、餓死する、飢える、渇望する
・ I'm starving. : おなかがペコペコだ。

(他動詞) 餓死させる、飢えさせる、渇望させる、〜したがる
・ I'm starved. : (飢え死にしそうに)おなかがすいている、おなかが減って死にそうだ


on occasion:
時として、時には、時折、時々、折々、折に触れて ◆(同意語)now and then

natty:
(形容詞) 《身なり・服装》小ぎれいな、粋な、こざっぱりした、スタイリッシュな
  • be a natty dresser:粋な服装をしている
  • natty suit:こざっぱりした服

dread:
(名詞) 恐怖、畏怖の念、心配、不安
・ I think that most of us have a terrible dread of pain.

(形容詞) とても恐ろしい、恐れ多い

(自動詞) 非常に恐れる
・ It could only be the thing I dreaded most.
・ All I ever dreaded about the job did become reality.

(他動詞) 〜を恐れる、〜が怖い、〜が恐怖である、〜するのをひどく心配する、〜にビクビクする、ひどく怖がる ◆(用法)dread to doよりもdread doingの形の方が6倍くらい多く使われる。

・ I dreaded the hour of his visit.

・ A burnt child dreads [fears] the fire. : 《諺》やけどした子は火を恐れる。、一度痛い目に遭うと慎重になる。、羹にこりて膾を吹く。

・ Middle age is dreaded as a time of crisis. : 中年は危機の年齢として恐れられている。

audio clip:

音声再生



LYRICS:


No woman, no cry (Repeat 4 times)

'Cause I remember when we used to sit
In the government yard in Trenchtown
Oba, ob-serving the hypocrites
As they would mingle with the good people we meet
Good friends we have had, oh good friends we've lost along the way
In this bright future you can't forget your past
So dry your tears I say

No woman, no cry
No woman, no cry
Little darlin' don't shed no tears
No woman, no cry


Said, said, said I remember when we used to sit
In the government yard in Trenchtown
And then Georgie would make the fire light
Log wood burnin' through the night
Then we would cook corn meal porridge
Of which I'll share with you

My feet is my only carriage
So I've got to push on through
But while I'm gone...

Ev'rything's gonna be alright
Ev'rything's gonna be alright
Ev'rything's gonna be alright
Ev'rything's gonna be alright
Ev'rything's gonna be alright
Ev'rything's gonna be alright
Ev'rything's gonna be alright
Ev'rything's gonna be alright

So, no woman, no cry
No, no woman, no woman, no cry
Oh, little darling, don't shed no tears
No woman, no cry

No woman, no woman, no woman, no cry
No woman, no cry
Oh, my little darlin' please don't shed no tears
No woman, no cry, yeah


(日本語歌詞)

ノー・ウーマン・ノー・クライ

ノー・ウーマン・ノー・クライ

ノー・ウーマン・ノー・クライ

ノー・ウーマン・ノー・クライ

覚えているとも よく座っていたね

トレンチ・タウンの片隅で

眺めたよね偽善者が

善良な人達に混ざって生きているのを

いい友達は大勢いた

でも皆いなくなってしまった

忘れろったって無理さ でも未来は明るいんだ

さぁ涙を拭いて


ノー・ウーマン・ノー・クライ

ノー・ウーマン・ノー・クライ

ダーリン もう泣かないで

ノー・ウーマン・ノー・クライ

覚えているとも よく座っていたね

トレンチ・タウンの片隅で

ジョージーが薪で起こした火は

一晩中燃え続けた

コーンミール・ポリッジを作って

二人で食べたよね

僕を運んでくれるのはこの足だけ

だから歩き続けるんだ

僕がいなくなっても

きっと 全てうまく行くさ きっと全てうまく行くさ



幼児向け人気テレビ番組「セサミストリート」の南アフリカ版に、HIV(エイズ)ウイルスに感染している5歳の孤児という設定のマペットが仲間入りする。

クマに似たこのマペットは、ツワナ語で“受け入れること”を意味する“カミ”と名付けられた。

カミはエイズに感染した子どもの薬物療法を行なっている南ア唯一の病院で、テレビよりも一足先にお披露目された。

アズマル教育相によると、カミは30日の放送分からセサミストリートに登場し、エイズについて子どもたちの理解を深める役割を担うことになる。 [ケープタウン 17日 ロイター]



セサミストリート:
Sesame Street

HIV

(略語) =human immunodeficiency virus、ヒト免疫不全ウイルス、エイズ・ウイルス ◆特にHIV-1ウイルスを指す。人間の免疫体質(immune system)を減らす
  • HIV antibody test :HIV抗体検査
  • HIV carrier :HIV感染者
  • HIV contaminations :HIV感染
  • HIV counseling :エイズカウンセリング、HIVカウンセリング
  • HIV infection :HIV感染
  • HIV-infected :(形容詞) HIVに感染した
  • HIV-infected hemophiliacs and their families :HIVに感染した血友病患者とその家族
  • HIV-infected patient :HIV感染者
  • HIV-negative :(形容詞) HIVに感染していない、HIV陰性の、HIV反応がネガティブの
  • HIV-positive :(形容詞) HIVに感染している、HIV陽性の、HIV反応がポジティブの
  • HIV-positive patients who have contracted the disease through tainted blood products :汚染された血液製剤で感染したヒト免疫不全ウイルス[HIV]検査で陽性反応の出た患者
  • HIV-positive person :エイズ感染者
  • HIV-related :HIV関連の
  • HIV-related hospital admission :HIV関連の入院
  • HIV-related illness :HIV関連の病気
  • HIV-specific :HIV特異的な
  • HIV-tainted blood :HIVに汚染された血液
  • HIV-tainted-blood scandal :薬害エイズ事件

孤児:
orphan / orphan children / orphanage / orphaned minor
  • よるべのない孤児:helpless orphan
  • 空爆による孤児:air-raid orphan
  • 不幸な孤児:unfortunate orphan
  • 幼い孤児:infant orphan
  • 孤児であること:orphanhood
  • 観客は映画の孤児に対して悲しみの発作を感じた:The audience felt a wrenching pang of sorrow for the orphan in the movie.
  • 孤児にする:orphan / orphanize / orphanise
  • (人)を孤児にする:make someone an orphan
  • 子供たちを孤児にする:turn children into orphans

マペット人形遺い:
Muppeting

ツワナ語
Tswana (ボツワナ共和国の母国語。 ボツワナでは、日常会話のほとんどがツワナ語で交わされている。 公用語は英語。)

Tswana
(名詞) ツワナ族、ツワナ語

薬物療法:
drug therapy / drug treatment / medical therapy / medical treatment / medication / medicinal treatment / pharmacologic therapy / pharmacotherapy
  • アレルギーの薬物療法:allergy medication
  • 薬物療法が行われる:be treated with medication


21年前に歌手の沢田研二が主演した映画「魔界転生」がリメークされることになり、主演の”天草四郎”役に若手ナンバー1の実力派、窪塚洋介(23)が決まった。メガホンを取る平山秀幸監督が最新のSFX技術を駆使し、当時は表現しきれなかった魔界を描き出す。千葉真一が演じた柳生十兵衛には、佐藤浩市(41)が決まった。来春公開。

奇抜な衣装に身を包み、妖気を漂わせるジュリーが「エロイムエッサイム…」とじゅ文を唱える姿が印象的だった元祖・魔界転生。

昭和56年に200万人・配収10億円の大ヒットを記録したこの旧作のリメークを決めた東映は、「現代の映像技術を駆使し、前作のインパクトを超えるような作品にしたいと議論を重ねてきた」と2年前から企画を練ってきた。

映画は故山田風太郎さんの傑作時代小説が原作。島原の乱で処刑された天草四郎時貞の怨霊が、宮本武蔵や細川ガラシャらを蘇らせ、徳川幕府転覆を企み幕府側の柳生十兵衛と戦う物語。深作欣二監督のアクションを始めとするダイナミックな演出は、時代劇映画の伝説になっている。

東映によると、新作では、四郎と十兵衛の心理的駆け引きやを人間・四郎の苦悩、葛藤などをクローズアップ。CGを駆使した転生シーンや旧作よりパワーアップした魔界衆と十兵衛との一騎打ちを丁寧に描くという。

四郎役には「当時の沢田さんを超えるようなスター、役者」(東映)と映画「GO」「ピンポン」などでどんな役にも柔軟に対応した窪塚を抜擢。対決する十兵衛には、存在感があり、剣豪として圧倒的な強さを体現できる佐藤が選ばれた。

2人の男のドラマとCGを駆使した映像のミックスを演出する平山監督は「深作監督の傑作を意識せず、2002年の魔界がどうなるか追及したい」とやる気満々だ。

一方の窪塚は旧作をDVDで観て「これはすごい!」と感動。8月下旬には単身で島原を訪れ、肌でその風土や雰囲気を掴んできた。ニュー天草四郎の創造に早くも力が入る窪塚の“化けっぷり”が楽しみだ。



SFX:
(略語) =special effects、特殊効果


魔界:
devildom

駆使する:
command / use freely
  • CGを駆使する:use computer graphics
  • ITを駆使する:make full use of IT
  • コンピュータグラフィックスを駆使する:use computer graphics
  • これまで以上に効果的な技術を駆使する:use ever more effective technical means
  • 様々な技術を駆使する:use techniques
  • 最新技術を駆使する:use brand-new technology
  • 最先端のバーチャルリアリティーを駆使する:make full use of the most advanced virtual reality
  • 自由自在に英語を駆使する:have an excellent command of English
  • 多くの資料を駆使する:make free use of abundant data
  • 〜を駆使する:draw fully upon the strength of / take advantage of

奇抜な:
bizarre / bold / eccentric / excentric / originative / trippy 〔Bostonで使われる言葉〕 / vagarious / wacky / wacko

呪文:
abracadabra / bewitchment / cantrip / execration / hocus-pocus / incantation / magic word / mantra / mystic words / spell
  • 開けごまの呪文:open sesame
  • 呪文を解く:break a spell
  • 〜の呪文を解く:unspell
  • 呪文を繰り返す:repeat one's mantra
  • 呪文を唱えて呼び出す:conjure
  • 呪文を唱えて取り除く:tell away
  • 呪文を唱える:cast a spell / chant a charm / incant / make an incantation / recite a charm / recite a spell / say a charm / utter an incantation
  • 呪文を唱えること:incantation

怨霊を退散させる:
lay a ghost  

駆け引き:
bargain / gamesmanship / maneuvering / politics / tactics / trick of the trade

心理上の駆け引き:
war of nerves

葛藤:
agon / conflict / struggle
  • 魂の葛藤:psychomachy
  • 情緒面での葛藤:emotional struggle
  • 心の葛藤:inward struggle / mental conflict
  • 大きな葛藤:major conflicts
  • 内なる葛藤:internal conflict
  • 内心の葛藤:inner conflict
  • 葛藤で悩んでいる:conflict-torn
  • 〜に対して内心の葛藤がある:have inner conflict over
  • (人)にちょっとした心の葛藤が生じる:create a small moral crisis for
  • 葛藤する:battle with
  • 〜で葛藤する:wrestle with  

一騎打ち:
one-on-one fight / single field of combat / straight fight
  • 一騎打ちをする:engage in single combat

存在感:
presence
  • インターネットの存在感:Internet presence
  • 貿易面でのヨーロッパの存在感が強まる中で:in the environment marked by the increasing importance of Europe
  • 存在感がある:have a presence 
  • すごい存在感がある:have a dominating presence
  • 警察の存在感が薄れること:lack of police presence
  • 存在感のある人:person who cannot be ignored / person who makes his presence felt
  • 存在感のない人:nonperson