Show Biz News 14 (2002/9/6)
2002年9月6日(金)

“平成の歌姫”ヒッキーこと宇多田ヒカルさん(19)のハートを射止めたのは、写真家の紀里谷和明(34)さんだった。ミスチル、サザンら大物ミュージシャンらの映像を担当し、業界では「最先端の映像アーティスト」として知られる。米国では高度な芸術教育を受け、コンピューターによる画像処理で作り出された独自の映像世界は海外でも高く評価された天才肌の芸術家のようだ。


熊本県生まれの紀里谷さんは、中学2年の時に渡米し、米国で有数のアートスクール「ケンブリッジ・ハイスクール」で、音楽、絵画、写真、ダンスなど幅広い分野の芸術教育を受け、パーソンズ大学に進学。

同時に、コンピューター世界にのめり込み、写真などを加工することで新たなものを作り出す独自の手法を学んだ。 同大を中退後、友人デザイナーのファッション雑誌の仕事を手伝い始め、同誌上では、コンピューターで画像処理した合成写真のアートを発表。 ソフトウエア会社のHPでインタビューに応じていた紀里谷さんは、「僕のフォトグラファーとしてのスタートです」と話していた。

専門家が、そのデビュー作を評価し、あのクインシー・ジョーンズがプロデュースする音楽情報誌に起用され、黒人系ミュージシャンの写真を中心に、音楽の分かる映像作家の地位を固めた。

こうした活躍が日本でも注目され、ファッション雑誌『クレア』では、アートフォトを製作したのを皮切りに、『流行通信』などビジュアル系人気雑誌で活躍した。 音楽関係でも、浜崎あゆみ、MISIA、サザンオールスターズら大物ミュージシャンのCDジャケット写真など幅広く手がけた。

宇多田さんとの接点は、昨年2月発売のシングル「Can You Keep A Secret?」と3月発売のアルバム「Distance」のジャケットやアーティスト写真の仕事からだった。その後、宇多田さんのすべての映像関係の仕事を引き受け、親交を深めていった。




歌姫:
cantatrice / chantress / diva / singer / songbird / songstress
  • 平成の歌姫:diva of the Heisei Period
  • 平成時代:Heisei Period 〔1989〜〕
  • 平成時代に:in the Heisei era
  • 平成不況:the Heisei Recession
  • 長引く平成不況で身動きが取れない:bog down in a protracted Heisei recession

(人)のハートを射止める:
have someone's heart / win on [upon] / win someone's affection [heart]

写真家:
camerist / fotog / lensman / photog / photographer / shooter

最先端の:
a gogo / cutting-edge / front-line / leading-edge / most-advanced / state-of-the-art / world-beating
  • 最先端のIT国家:the most advanced nations in information technology
  • 最先端のアミューズメントスポット:the latest amusement spot
  • 最先端のバーチャルリアリティーを駆使する:make full use of the most advanced virtual reality
  • 最先端の感覚:cutting-edge taste
  • 最先端の技術を駆使したアトラクション:attractions employing state-of-the-art technologies

画像処理:
image data processing / image processing / image procession / picture processing
  • デジタル画像処理:digital image processing

〜には天才肌なところがある:
have something of a genius in
  • 天才肌の芸術家:artist of genius

芸術教育:
art education

親交を深める:
deepen a friendship / promote good fellowship


米中枢同時テロから間もなく1年を迎えるニューヨークで5日午後(日本時間6日朝)、米国の人気ロック・グループ、ボン・ジョヴィが、ニューヨークのタイムズスクエア前でライブ・パフォーマンスを繰り広げた。ジョン・ボン・ジョヴィは、「辛い時にこそ必要なのは勇気と希望。オレたちの音楽で傷ついた心にエネルギーを与えたい」とメッセージを送った。

イベントは「NFL開幕」を控えてのものだったが、彼らには別の思いもあった。テロにより世界貿易センタービルが崩壊する姿を目の前で見たというだけに、「あの出来事はオレたちにとって想像できないほどの悲劇だった。ニュージャージー出身のオレたちが、みんなのために何をしたらいいのかという思いでいっぱい」とジョン。

約1時間のステージで「イッツ・マイ・ライフ」「ウォンテッド・デッド・オア・アライブ」、新曲の「バウンス」など新旧10曲を熱唱した。

この日のライブで、タイムズスクエア前の交通は完全に遮断され、周辺の街路にもスピーカーとオーロラ・ビジョンが設置されるなど、マンハッタンはボン・ジョヴィ一色。周辺も含めれば約70万人の観衆が動員され、テロを警戒するニューヨーク市警など警備にも数万人が動員された。




同時テロ:
simultaneous terror
  • 同時テロ攻撃:simultaneous terrorist attacks

ボンジョヴィ:
Bon Jovi

タイムズスクエア:
Times Square
  • タイムズスクエアに行きたいのですが:I want to go to Times Square.
  • タイムズスクエアへ行くにはどの駅で乗り換えればいいんですか?:Where do I change trains to get to Times Square?

傷ついた(人)の心を癒す:
pick up the pieces of someone's broken heart
  • 傷ついたように見える:look hurt
  • 傷ついたプライド:miffed pride / wounded pride
  • 傷ついた感情:bruised feelings / hurt feeling / injured feelings
  • 傷ついた感情でいっぱいである:be filled with hurt feelings

世界貿易センタービルをニューヨークの空から消す:
erase the World Trade Center towers from New York's skyline 
  • 世界貿易センタービル跡の復旧作業:recovery efforts at Ground Zero
  • 世界貿易センタービル爆破:World Trade Center bombing

ニュージャージー州:
New Jersey 〔米国。ニューヨークの西〕

dead or alive:
(形容詞) 死ぬか生きるかの
(副詞) 生死にかかわらず、生きていようと死んでいようと、死ぬか生きるかの、生きていようと死んでいようと、生死を問わず


観衆:
audience / crowd / dedans / gallery / spectators / throng
  • 観衆を興奮させる:fire the hearts of an audience
  • 観衆の割れんばかりの拍手喝采をもたらす:trigger a thunderous applause from the crowd
  • 観衆を魅了する:grab an audience

ニューヨーク市警本部:
New York Police Department

警備:
guard duty / security

警備員:
bouncer / guard / house detective / house dick / security agent / security guard / security officer / watch / yard bull

24時間体制で警備員を配置している:
have round-the-clock security personnel

警察官を動員する:
mobilize the police


「北の宿から」などで知られる作曲家の小林亜星さんが「自分の曲をまねされ音楽著作権を侵害された」として作曲家の服部克久さんに1億円の損害賠償を求めていた訴訟の控訴審で、東京高裁(篠原勝美裁判長)は18日、小林さんの請求を棄却した一審・東京地裁の判決を変更し、一転して服部さん側に約940万円の支払いを命じる逆転判決を言い渡した。

問題になっていたのは、小林さんがタイヤ会社のコマーシャル曲として作曲した「どこまでも行こう」と、服部さんがテレビ番組のエンディングテーマ曲として平成4年に作曲した「記念樹」。判決で、篠原裁判長は「著作権の侵害について過失があった」と判断。服部さんが、小林さんの意に反して「どこまでも行こう」を原曲とする「二次的著作物」の「記念樹」を作曲したと結論付けた。

12年2月の東京地裁判決では、両フレーズを比較し、「同一性があるとまでいうことはできない」とし、小林さん側が敗訴した。

逆転勝訴となった小林さんは「複製権の侵害と訴えた一審では、『曲は全く同一のものではない』と退けられたが、二審では翻案権の侵害と主張し、それが認められた。曲の盗作問題で主張が認められたのは初めてではないか」とコメント。一方、服部さんは「一部敗訴と聞いて、びっくりしている。直ちに上告する」と話している。




作曲家:
composer / musical composer / songsmith / tunesmith

国内での音楽著作権侵害:
domestic music piracy

著作権を侵害する:
infringe a copyright / pirate / violate copyright

損害を賠償する:
indemnify a loss / make good the damage / make good the loss / make repair the loss / pay damages / respond in damages

(人)に損害を賠償する:
compensate someone for his loss / indemnify someone for [against] loss

訴訟:
action / case / cause / court case / judicial action / law / litigation / proceeding / suit / suit at law / suit in law

(〜に対する)訴訟:legal action (against)

控訴:
appeal / suit
  • 中間裁判所への控訴:intermediate appeal
  • 控訴する:appeal one's sentence / appeal the ruling / file an appeal / institute an appeal
  • 〜を控訴する:appeal
  • (判決を)控訴する:appeal the court ruling
  • 上級裁判所に控訴する:appeal to a higher court / carry [take] one's appeal to a higher court

高等裁判所:
general court / high court / superior court

高等裁判所長官:
Chief Judge of the High Court

裁判長:
Chief Judge / Chief Justice / chief judge [justice] / presiding judge / presiding magistrate
  • 裁判長の書記:clerk for the chief justice
  • 裁判長はその凶悪犯人を軽い刑罰で釈放した:The presiding judge lets the atrocious criminal with the light sentence.
  • 裁判長を務める:preside at a trial

家庭裁判所:
court of domestic relations / domestic courts / domestic relations court / family court

(訴訟が)最高裁判所まで進む:
go to the Supreme Court

原告の請求を棄却する:
reject the plaintiff's claim

原判決を棄却する:
overrule the original decision / overrule the original judgment [judgement] / quash the decision of the lower court / reverse the decision of the lower court / reverse the judgment [judgement] of the lower court
  • (人)の控訴を棄却する:reject someone's appeal
  • 上告を棄却する:dismiss a final appeal / reject a final appeal
  • 訴訟を棄却する:reject a lawsuit

東京地裁:
Tokyo District Court
  • 東京地裁に民事再生法の適用を申請する:file a petition for protection with the Tokyo District Court under the corporate rehabilitation law

一審:
first instance
  • 一審で無罪になる:be found innocent at the first trial
  • 一審制を採る:not accept appeals
  • 一審判決:first trial / lower court decision
  • 一審判決で〜を認める:approve ~ in the first trial
  • 一審判決に従って汚染物質の差し止めを命じた:in accordance with the injunction against the emission of pollutants contained in the original ruling
  • 一審判決を支持する:uphold a lower court decision

過失:
culpa / error or omission / error / fault / faux pas / fox paw / lapse / misstep / negligence / oversight / sin / trip

過失で告訴する:
sue for negligence
  • 〜側の過失を認める:acknowledge negligence on the part of
  • 過失に対する責任追及のあり方が異なる:have different approaches to placing blame for negligence
  • (人)の過失に腹を立てる:be angry about someone's error
  • 過失の:negligent
  • 自己の過失の肯定:mea culpa
  • 過失のある:culpable
  • 過失の疑いを持つ:suspect negligence
  • 過失の罪:error of commission

著作物:
literary work / literary writing / production

連邦裁判所で逆転勝訴を勝ち取る: 
win a reversal in Federal court

露骨な盗作:
blatant plagiarism
  • 人の論文の盗作:plagiarism of another person's thesis
  • 盗作する:plagiarize / plagiarise
  • 〜から盗作する:crib from
  • (人)を盗作のかどで非難する:accuse someone of plagiarism

勝訴:
winning lawsuit / winning suit
  • 〜が勝訴した裁判:successful lawsuit by
  • 勝訴する:win a case / win a suit / win the lawsuit / win the suit
  • 人権訴訟に勝訴する:win human rights cases

上告する:
appeal to a final court / bring before the court / make a final appeal
  • 裁判所に上告する:carry an appeal to the court / make an appeal to the court
  • 事件を上告する:appeal a case to a higher court