Show Biz News 13 (2002/9/3)
2002年9月3日(火)

レーバーデーの祝日を含む8月30日―9月2日の全米興行収入は、メル・ギブソン主演のスリラー「サイン」(M・ナイト・シャマラン監督、脚本、製作)が1650万ドルと、先週から2週連続首位を獲得した。


「サイン」は公開32日間で1億9500万ドルを記録。ギブソンの主演作としては、「ハート・オブ・ウーマン」(2000年)を上回るヒットとなった。

「サイン」はまた、今年夏公開された映画の中で、3週トップを獲得した唯一の作品。

先週2位の「トリプルX」は3位、先週3位の「スパイキッズ2 失われた夢の島」は4位に、それぞれ後退した。

今週はホラー作品「Feardotcom」が初登場5位につけたほか、9位に「The Good Girl」、10位に「One Hour Photo」と、アート系作品2本が圏外から入った。

来週は「サイン」と、公開20週目で今週2位に上昇した「My Big Fat Greek Wedding」との首位争いが注目される。 [ロサンゼルス 2日 ロイター]



Labor Day
労働者の日 (米国で9月の第1月曜日に当たる休日)
  • Labor day sale:レーバーディのセール(9月始めのレーバーディセールと1月のアフタークリスマスセールがアメリカで安く買い物をするチャンス。)

興行収入:
box-office / box-office proceeds / box-office revenue / box-office takings
  • 興行収入でかなりの商業的成功を収める:be a commercial success at the box office
  • 興行収入の新記録を打ち立てる:break the box-office mold


メル・ギブソン:

Mel Gibson 〔男優。1956-。マッドマックス(1979)、リーサル・ウェポン(1987);他。 最もギャラの高い俳優のひとりと言われている〕

主演:
leading actor / leading actress / leading performer

  • 〜が主演しているドラマ:drama starring
  • 主演する:head the cast / play the lead / play the leading part / star / top-line
  • 〜に主演する:play the leading role (in)
  • いくつかの大ヒット作品に主演する:star in some of the biggest box-office hits
  • 映画に主演する:play the title role in the movie
  • 〜に主演する:star in
  • 主演の:featured / premiere / preem / starred
  • 主演スター:stellar lead
  • 主演者:leading actor / leading actress / leading lady / leading man / top banana
  • 主演女優:leading lady / premiere / preem
  • 主演男優:leading actor / leading man / male lead
  • 主演男優・女優賞を獲得する:take top acting honors
  • アカデミー主演男優賞:Academy Award for best actor in a leading role for the film
  • 昨年のアカデミー賞で主演男優賞を取った人:last year's academy award winner for best actor

映画の脚本:
film script / film scenario

_
週連続:
__ weeks in a row
  • _週連続で興行成績1位:number one at the box office for __ weeks in a row

ホラー映画:
horror film / horror flick / horror movie [picture] / scary movie [picture]

首位争い:

struggle for primacy
  • 首位争いを展開する:compete head to head

 

裕福な生活を手に入れるために犯罪を繰り返す青年を描いた映画「リプリー」(1999年)の続編、「Ripley's Game」が、現在開催中のベネチア国際映画祭でコンペ外作品として上映された。


パトリシア・ハイスミスの小説の映画化で、監督は前作のアンソニー・ミンゲラからリリアナ・カバーニ、主人公リプリー役はマット・デイモンからジョン・マルコビッチに、それぞれ交代した。

物語は前作から20年後の設定。リプリーはイタリア北東部でぜいたくな暮らしをする一方、劣等感に由来する憎悪を抱きつづけおり、多額の報酬を支払って白血病患者の英国人に殺人を依頼する。

主演のマルコビッチはロイター通信の取材に対し、「リプリーは人々の良心が許さない犯罪を犯すが、怒りや嫌悪感といった暗い感情に支配されている時は、誰も実行を考えたことがあるもの。罰を逃れるリプリーが人気を集めるのは、こうした理由だと思う」とコメントしている。 [ベネチア 2日 ロイター]



裕福な生活:
expansive living / good life / silver spoons in mouths
  • 仕事をやめて裕福な生活を送る:quit business and enjoy one's wealth
  • 裕福な生活をする:have silver spoons in one's mouths

犯罪を企てる:
attempt a crime

ベネチア映画祭:Venice Film Festival
  • ベネチア映画祭でグランプリを取る:win the Grand Prix at the Venice film festival
  • ベネチア国際映画祭でグランプリを獲得する:win the prize for best film in the International Film Festival in Venice
  • ベネチア国際映画祭最優秀男優賞を受賞する:win the Venice Film Festival's award for best actor

贅沢な暮らし:
fleshpot / good living / high living / highlife / lavish living / luxurious living / profligate lifestyle
  • (現代では)贅沢な暮らし:dog's life
  • そんな贅沢な暮らしがしてみたい:I want to lead such a luxurious life.
  • 贅沢な暮らしの:high-living
  • 〜の贅沢な暮らしぶりを支える:support one's lavish lifestyle
  • 現金を〜の贅沢な暮らしを支えるために使う:use the cash to support the lavish lifestyles of
  • 贅沢な暮らしをしている:eat off silver plate
  • 贅沢な暮らしをする:lead a life of luxury / lead a luxurious life / live a luxurious life / live in style
  • 贅沢な暮らしをする人:high liver
  • 贅沢な暮らし方:expensive mode of life style // expensive mode of living

劣等感:
feeling of inferiority / feelings of inferiority / inferior complex / inferiority complex / inferiority feeling / sense of inferiority
  • 劣等感でひどく悩む:suffer a great deal from an inferiority complex
  • 劣等感という壁を壊す:break down the wall of inferiority complex
  • 劣等感に悩む:suffer an inferiority complex
  • 〜に対して劣等感を抱く:feel inferior to
  • 〜に対して劣等感を抱く:have an inferiority complex toward
  • 〜に劣等感を刺激される:be traumatized by
  • 劣等感を持っている:have an inferiority complex
  • 劣等感を持つ:have a sense of inferiority
  • 劣等感を取り除く:exorcise one's feeling of inferiority
  • 〜に劣等感を抱かせられる:be traumatized by
  • (主語が)(人)に劣等感を抱かせる:give someone an inferiority complex
  • (人)に劣等感を抱かせる:make someone feel inferior

 憎悪:
abhorrence / abomination / anathema / animosity / hate / hatefulness / hatred / horror / ill blood / ill will / odium / revulsion / unlove / virulence
  • 激しい憎悪:bitter animosity / bitter hatred / fervent hatred / fierce hatred
  • 根深い憎悪:deep-seated animosity / deep-seated hatred / rancorous animosity
  • 執念深い憎悪:vindictive animosity
  • 深い憎悪:deep-rooted hatred
  • 〜に対する憎悪:hate for
  • 不当な憎悪:unwarranted abhorrence
  • 盲目的な憎悪:blind hatred
  • 露骨な憎悪:blatant hate
  • 〜への憎悪から生じる:spring from hatred of
  • 憎悪して:in repugnance
  • 〜を憎悪して:in hatred of
  • 憎悪すべき:dad-blamed / dad-blasted / dad-burned / detestable
  • 憎悪する:hate / have a hatred
  • (人を)憎悪する:feel animosity (toward)
  • 〜を憎悪する:have a hatred for [of]
  • 無知と憎悪でいっぱいの世界は野蛮な場所である:The world saturated with ignorance and hatred is a brutish place.
  • 憎悪で狂ったように:in a frenzy of hate
  • 憎悪と報復の繰返し:cycle of hatred and revenge
  • 憎悪にかられる:consume oneself with hatred
  • 憎悪に起因する犯罪:hate-crime〔人種差別犯罪、宗教差別犯罪、など。〕

罰を逃れる:
get away with 〔(直訳)〜と一体になって逃げる → 〜を持って逃げる〕


R&B歌手、平井堅(30)の新曲「大きな古時計」が9日付オリコンチャートで初登場1位を獲得することが2日、分かった。平井自身16枚目のシングルで初の1位、童謡のカバー曲が1位になるのもオリコン史上初の快挙となる。

同曲は1876年に米国の作曲家、ヘンリー・クレイ・ワークが作曲したもので、歴代のシングル1位の中で最も古い作品となった。「僕の声を通して国境を越え、世代を超え、歌い継がれたらうれしい」という平井の思いが実った形だ。

その平井、童謡の次は交響曲に挑戦する。12月1日に大阪城ホールで開催される「第20回 1万人の第九コンサート」へのゲスト出演が決定。総監督&指揮の佐渡裕氏のサポートを受け、ベートーベンの名曲を自らアレンジ、自分なりの歌い方で熱唱する。

平井は「『歓喜の歌』というクラシックを歌うのは初めてで、期待とちょっとした不安と緊張でいっぱいです。昨年の公演をビデオで見て本当に感動しました。1万人の声が合わさったときのスケール感に胸打たれ、参加を決意しました。歌バカとして、初のクラシックナンバーを自分なりに歌えたら」と話している。

佐渡氏も「彼の歌は本物だ。本物の歌手が歌えば、名曲はどんな形になっても、いい歌なんだということを伝えたい。平井堅なら、できる」とコメントを寄せている。




R&B:
(略語) =rhythm and blues、リズム・アンド・ブルース


童謡:
children's song / nursery rhyme

カバー曲:
cover

史上初の:
first-ever

  • 世界的な競技会を通じて史上初の選手になる:become the first athlete in history to earn a medal in a world-class competition
  • 史上初の〜への訪問:the first-ever visit to
  • 史上初の宇宙飛行:first space flight in history
  • AとBとの史上初の会談:first-ever summit between A and B
  • 史上初の〜の急激な発生:first-ever outbreak of
  • 史上初の飛行機の乗っ取り:first-ever skyjacking
  • 史上初めて:for the first time ever
  • 史上初めての:than any pervious in history
  • 〜史上初めてのこと:first in the history of

快挙:
exploit / feat / masterstroke
  • 素晴らしい快挙:prodigious feat
  • _年ぶりの快挙となる:become the first hurler in __ years
  • 彼の快挙は広範囲のメディアの注目を引いた:His feats had attracted widespread media attraction.

国境を越える:
cross a frontier / cross the border / cross-border / overpass the border / pass across the border / pass beyond national borders / transboundary / transfrontier / cross-boundary / cross-frontier / transcend national borders

歴代の:
in the past / successive
  • 歴代の王:long line of kings
  • 歴代の皇帝:line of emperors
  • 歴代の天皇:successive emperors
  • 歴代の内閣:successive cabinets
  • 歴代教皇:papacy
  • 歴代経営陣:successive management
  • 歴代最高の:all-time
  • 歴代志:Chronicles / Paralipomenon
  • 歴代首相:past prime ministers

交響曲:
sinfonia / symphonic numbers / symphony

第九:
Ninth Symphony

ベートーベン:
Beethoven
  • ベートーベンの合唱交響曲:Beethoven's Choral Symphony
  • ベートーベンの第九交響曲:Beethoven's Ninth
  • ベートーベン的:Beethovian

不安:
alarm / alarm and despondency / all-overs / anxietas / anxiety / apprehension / cold feet / collywobbles / concern / discomfort / dispeace / disquietude / dread / fear / hangup / hang-up / incertitude / inquietude / insecurity / katzenjammer / malaise / misease / misgiving / gaingiving / peradventure / pucker / qualm / reservation / shim-sham / slough of despond / specter / suspense / swither / trepidation / uncertainty / unease / uneasiness / unquiet / unrest / willies

緊張
crunch / intension / intensity / knot / strain / stress / tension / tensity / tightness / tonicity / tonus
  • くすぶり続けている人種問題の緊張:simmering racial tensions
  • 過度の緊張:excessive strain / excessive tension
  • 丸一日続く緊張:day-long tension
  • 極度の緊張:tremendous stress / white heat / yips

名曲:
famous song / famous tune / (musical) masterpiece / song which has an excellent melody
  • 不滅の名曲:ageless song