Show Biz News 10 (2002/8/27)
2002年8月27日(火)

打倒モー娘!! 昭和60年代に一世を風靡したアイドル軍団、おニャン子クラブが再結成され25日、都内スタジオで15年ぶりの新曲レコーディングを行った。

メンバーは、昭和61年春の全国ツアーに参加した20人から都合のついた14人。4月に発売した約2万円の5枚組DVDが、2万本売れて実現した。現役タレントから専業主婦までさまざまだが、青春時代の“戦友”だけに、15年前にタイムスリップし息もピッタリだった。

会見したメンバー(白石麻子を除く)は「年を重ねても声は昔のまま。当時に帰って楽しくできました」(新田恵利)とうれしそう。約半数がママになったが、「子供たちがモー娘世代なので、子供のためにも負けたくない」(内海和子)と負けん気も。グループ活動を基本に、ユニット、ソロのバラ売り、卒業という見せ方は、モー娘の道標となっただけに“元祖”の意地を垣間見せていた。

楽曲は育ての親、秋元康氏が作詞した「同級生」と「ショーミキゲン」で、11月20日に両A面でポニーキャニオンから発売。「また、会えてよかった、あの懐かしい日々…」といった三十路を超えたメンバーにとって、等身大の詞がちりばめられている。会見後はパーティーが開かれ、子供の手を引きながら、思い出話に花を咲かせていた。




打倒!:
murdabad (他動) 《命令形》〜を倒せ、〜打倒!〔スローガンに用いる〕

テロを打倒する:
defeat terror / defeat terrorism

君主制を打倒する:
subvert the monarchy

(人)の政権を打倒する:
bring down someone's regime

専制政治を打倒する:
topple a tyranny

帝国主義を打倒する:
overthrow imperialism

独裁政権を打倒する:
overthrow a dictatorial government

〜率いる政権を打倒する:
bring down the government headed by

一世を風靡する:
be rage of the times / catch the spirit of a generation / predominate / take the world by storm

再結成する:
re-form

専業主婦:
full-time Japanese housewife / full-time homemaker / full-time housewife / full-time mom / women occupied solely in domestic duties

サラリーマンの妻である専業主婦:
stay-at-home housewives of salaried workers

(ある制度が)サラリーマンの夫と専業主婦の妻を標準的なモデルとしている:
be rooted the standard model of a salaried employee husband and a full-time homemaker wife

専業主婦の母親:
nonworking mother

青春時代:
vernal years / younger days / youth

青春時代に:
in (one's) youth / when one was young

青春時代の記憶を思い起こさせる:
call up memories of o's younger days

青春時代の情熱を取り戻す:
rekindle the passion of one's youth

青春時代の悩みをテーマにした歌詞:
lyrics about adolescent angst

青春時代の野心:
young ambition

放埒な青春時代を過ごしてから落ち着く:
settle down after a wild youth

青春時代を楽しむ:
enjoy one's youth

青春時代を顧みる:
reminisce about one's youth

青春時代を思い起こす:
recall one's youth

戦友:
brother in arms / brothers in arms / companion in arms / comrade-in-arms / comrades in arms / fellow soldier

倒れた戦友に思いを馳せる:
remember fallen comrades

戦友意識:
comrades-in-arms spirit

タイムスリップ:
time slip

ぼんやり時を過ごす:
let time slip by

道標:
clue / directional arrow / fingerboard / fingerpost / guide board / guidepost / handpost / sight indication / sign-post / signpost / waymark

三十路を過ぎる:
be over thirty


「今すぐKiss Me」などのヒットで一時代を築いたロックバンド「リンドバーグ」が、14年間の活動に終止符を打つ解散コンサートを24日夜、東京・渋谷公会堂で行った。

別れを惜しむ超満員2400人のファンに応え、2度目のアンコールとなった最後の曲は「MINE」。88年の結成時、メンバー4人で最初に作った思い出の歌。ボーカルの渡瀬マキ(33)があふれる涙で歌えなくなると、総立ちのファンが全員で大合唱する感動のフィナーレとなった。ステージから去る渡瀬が「本当に応援してくれてありがとうございました」と涙声であいさつをすると、客席から盛大な拍手。ファンのすすり泣く声は終演後もしばらく続いた。

翼を休めたメンバー4人は今後、渡瀬が育児と並行してソロシンガーに転身。他のメンバーもプロデュース業などで音楽活動を続ける。




〜に終止符を打つ:
put a period to / lead to the end of / put a full stop to / put an end to / ring down the final curtain on / scotch

解散コンサート:
final performance

解散コンサートをする:
perform one's farewell concert

別れを惜しむ:
feel the sorrow of parting / in a fond farewell / part reluctantly

(人)との別れを惜しむ:
be reluctant to leave [part from] someone / be unwilling to part from

超満員である:
be filled to bursting / be more than full / pack to capacity

超満員になる:
be filled to overflowing

超満員の:
bursting at the seams / overcrowded / overloaded

超満員の観衆:
overflowing audience

アンコール:
encore

アンコールに応じる
take a curtain call

アンコールに答えて〜を演奏する
play ~ as an encore

アンコールを求める
call for an encore / request an encore

アンコールを受ける:
get an encore / receive an encore

アンコールを促す:
precipitate an encore

溢れる涙:
fertile tears / flood of tears / rivers of tears

溢れる涙を隠そうとしない:
cry openly

総立ちで(人)に拍手を送る:
give someone a standing ovation

観衆は総立ちで拍手を送った:
The fans gave him a standing ovation.

総立ちになる:
stand up all at once / stand up en masse

総立ちの拍手喝采:
standing ovation

議長の〜は総立ちの拍手喝采で迎えられた:
Chairman ~ was greeted by a standing ovation.

総立ちの拍手喝采を浴びる:
receive a standing ovation

歓喜の大合唱:
jubilant chorus

すすり泣く:
blub / snotter / sob / weep / whine / yex

育児:
caring for one's children / child management / child-rearing / child-raising / childcare / child care / management of the child / nursing / parenting / raising children

24時間の育児:
around-the-clock [round-the-clock] nursing

新生児の育児:
mothering a newborn baby

父親だけの育児:
single fatherhood

母親だけの育児:
single motherhood

無干渉の育児:
hands-off parenting


卵巣腫瘍(しゅよう)の摘出手術後、音楽活動を休止している宇多田ヒカル(19)が24日夜、2カ月半ぶりに公式ホームページのメッセージを更新。「まわしキュッと締め直してきたぜ!」と復活宣言した。

宇多田は今年5月に入院を発表して以来、復帰が遅れていた理由について、精神的な立ち直りに時間がかかったためと説明。

「最初はたいしたことないと自分に言い聞かせてきたんだが、と〜っても私事な身体のことを皆様に知らせることになって以来、それまで守ってきたプロとしてのプライドとか、単に19歳のオナゴとして守りたかった部分とかの識別がボンヤリと崩れてしまった」と告白している。




卵巣腫瘍:
ovarian tumor

(腫瘍などが)〜から摘出される:
be removed from

(相撲の)まわし:
belts worn by sumo wrestlers

締め直す:
retighten

復帰する:
back in / come back / escheat / make a comeback / make one's comeback / reconstitute / rejoin / revest

立ち直り:
bounceback / recovery

立ち直る:
be back on one's feet / bob up / get back on one's feet / get oneself together / get over / make a recovery / mend one's ways / pick oneself / pick up / pull oneself together / pull out / pull out of it / recover oneself / regain one's footing / right oneself / settle down

ぼんやりと:
absent-mindedly / absently / abstractedly / blankly / confusedly / dimly / distantly / distractedly / dreamily / in an absent sort of way / mistily / vacantly / vacuously / vaguely / with an abstracted air