感動のスピーチ 1 (2007/1/8〜)
2007年1月8日 (月)


米国大リーグの打撃王ルー・ゲーリックは、ニューヨーク・ヤンキースの一塁手であった。

1939年5月2日に2,130試合連続出場の記録に終止符を打ち、自らベンチに下がった。

この記録は、 1995年9月6日、ボルチモア・オリオールズのカル・リッケンによって更新されるまで56年間続いた。

かつて偉大なプレーヤーであったルー・ゲーリックも、ベンチに下がる前の数ヶ月の成績はさんざんであった。

彼の反射能力は減退し、つまづき、ボールを取り損ない、打撃あるいはボールを受け捕るのに必死であった。

ゲーリックがベンチに引き下がって数週間後、医師たちは彼の病気を筋萎縮性側索硬化症(ALS)と診断した。

2年後の1941年6月2日、ゲーリックは37歳で死亡した。

今日、米国では筋萎縮性側索硬化症という名前は知らなくても、 ルー・ゲーリック病という名前を知っている人が多い。


ルー・ゲーリック(Lou Gehrig)の引退試合でのスピーチ


Full text version of the Farewell Speech:

"Fans, for the past two weeks you have been reading about the bad break I got. Yet today I consider myself the luckiest man on the face of this earth. I have been in ballparks for seventeen years and have never received anything but kindness and encouragement from you fans.

"Look at these grand men. Which of you wouldn't consider it the highlight of his career just to associate with them for even one day? Sure, I'm lucky. Who wouldn't consider it an honor to have known Jacob Ruppert? Also, the builder of baseball's greatest empire, Ed Barrow? To have spent six years with that wonderful little fellow, Miller Huggins? Then to have spent the next nine years with that outstanding leader, that smart student of psychology, the best manager in baseball today, Joe McCarthy? Sure, I'm lucky.

"When the New York Giants, a team you would give your right arm to beat, and vice versa, sends you a gift - that's something. When everybody down to the groundskeepers and those boys in white coats remember you with trophies - that's something. When you have a wonderful mother-in-law who takes sides with you in squabbles with her own daughter - that's something. When you have a father and a mother who work all their lives so you can have an education and build your body - it's a blessing. When you have a wife who has been a tower of strength and shown more courage than you dreamed existed - that's the finest I know.

"So I close in saying that I may have had a tough break, but I have an awful lot to live for."



ルー・ゲーリック紹介サイト




ベーブ・ルース、ルー・ゲーリック、バリー・ボンズ、イチローといった様々な選手達のMLB史上に残る30の名場面を厳選した作品。貴重な映像に加え、選手・監督・オーナーなどの関係者の回想・解説も収録。

2007年1月6日 (金)


ネルソン・マンデラ氏スピーチPDF "Make Poverty History"

ネルソン・ロリハラハラ・マンデラ:

(Nelson Rolihlahla Mandela, 1918年7月18日 - )

南アフリカ共和国の黒人解放運動指導者、政治家、弁護士。

反アパルトヘイト運動により反逆罪として逮捕され長きに渡り刑務所に収容された。

釈放後、アフリカ民族会議(ANC)の副議長に就任。その後、議長。

デクラークと共にアパルトヘイトを撤廃する方向へと南アフリカを導き1994年に大統領に就任。民族和解・協調政策を進め、経済政策として復興開発計画(RDP)を実施した。

1999年に行われた総選挙を機に政界から引退した。


<経歴>
1918年7月18日  トランスカイのウムタタ近郊クヌ村で、テンブ首長の長男として生まれる
1944年4月     ANC青年同盟執行委員就任
1950年       ANC青年同盟議長就任
1952年8月     ヨハネスブルグにオリバータンボとともに弁護士事務所開設
1952年12月    ANC副議長就任
1958年       ウィニーと結婚
1962年8月     逮捕
1964年       国家反逆罪で終身刑宣告。ロベン島に収監。
1982年       ケープタウン郊外のポルスモア刑務所に移監
1989年12月    デ・クラーク大統領と会談
1990年2月11日  釈放
1990年10月27日 ANC代表団を率いて来日(11月1日まで)
1991年4月20日  国際新聞編集者協会総会のゲストスピーカーとして来日(京都)
1991年7月5日   ANC議長に選出
1992年4月13日  ウィニー夫人との離婚を表明
1993年12月10日  ノーベル平和賞授与
1994年4月26日  制憲議会選挙(初の全人種参加選挙)開始
1994年5月9日   制憲議会下院、マンデラを大統領に選出
1994年5月10日  マンデラ大統領就任式
1994年10月3日  国連総会で大統領として初の演説
1995年7月2日   大統領として初の来日
1996年3月19日  ウィニーとの離婚成立
1998年7月18日  グラサ・マシェル夫人と結婚
1998年9月21日  国連総会で最後の演説
1999年2月5日   国会で最後の演説
1999年5月5日   初の訪中。他にロシア、ハンガリー、パキスタンを歴訪し「感謝の旅」と名付けたが、日本には寄らず。
1999年6月16日  ムベキ新大統領就任
2000年1月19日  国連安全保障理事会で初演説


1999年2月5日、国会で最後の演説をした。 同年行われた総選挙を機に政界から引退した。
2000年1月19日に国連安全保障理事会で初演説した。
2005年1月7日に前妻ウィニーとの子供マカト・マンデラがエイズによる合併症で死亡した事を公表した。現在、ユネスコ親善大使に就任している。





2006年12月10日 (日)

マーチン・ルーサー・キング牧師 Martin Luther King Jr.

1963年8月28日 「ワシントン大行進」のスピーチより

I say to you today, my friends so even though we face the difficulties of today and tommorrow, I still have a dream.

It is a dream deeply rooted in the American Dream.

I have a dream that one day this nation will rise up and live out the true meaning of it'screed,"We hold these truths to be self-evident,that all men are created equal".

I have a dream that one day on the red hills of Georgia,the sons of former slaves and the sons of former slaveowners will be able to sit down together at table of the brotherhood.

I have a dream that one day even the State of Mississippi, a state sweltering with the heat of injustice, sweltering with the heat of oppression,will be transformed into an oasis of freedom and justice.

I have a dream that my four little children will one day live in a nation where they will not judged by the color of there skin but the cotent of their character.

I have a dream today.

I have a dream that one day down in Alabama with vicious racists, with its governor having his lips dripping with the word of interposition and nullification.

One day right there in Alabama, little black boys and black girls will be able to join hands with little white boys and white girls as sisters and brothers.

I have a dream today!

I have a dream that one day "every valley shall be exalted, every hills and mountains shall be made low, the rough places will be made plain, and the crooked places will be made straight, and the glory of the Lord shall be revealed, and all fresh shall see it together."

This is our hope.

This is the faith that I go back to the South with.

With this faith that we will be able to hew out of the mountain of despair a stone of hope.

With this faith we will be able to transform the jangling discords of our nation into a beautiful symphony of brotherhood.

With this faith we will be able to work together, to pray together, to struggle together, to go to jail together, to stand up for freedom together, knowing that we will be free ine day!

This will be the day... This will be the day when all of God's children will be able to sing with new meanig, "My country ,It's of thee, sweet land of liberty, of thee I sing: Land where my fathers died ,Land of the pilgrims' pride, from every mountainside, Let freedom ring."

And if America is to be a great nation, this must come true.

So let freedom ring from the prodigious hilltops of New Hampshire.

Let freedom ring from the mighty mountains of New York.

Let freedom ring from the heightening Alleghenies Pennsylvania !

Let freedom ring from snow-capped Rockies of Colorado !

Let freedom ring from curvaceous slopes of California !

Not only that.

Let freedom ring from stone mountain of Georgia !

Let freedom ring from Lookout Mountain of Tennessee !

Let freedom ring from every hills and molehills of Mississippi, and from every mountainside !

Let freedom ring and when this happens.

When we allow freeedom to ring, when we let it ring from every village and every hamlet, from every state and every city, we will able to speed up teh day when all of God's Children, black men and white men, Jews and Gentiles, Protestants and Catholics, will be able to join hands and sing in the words of the old Negro Spiritual, " Free at last ! Free at last ! Thank you god Almighty, we are free at last ! "







2006年12月9日 (土)

ビルゲイツのスピーチ & キーノート:

Bill Gates Speeches and Keynotes


-



松岡洋右:

幻の国策映画、大量発見−日本語字幕付き松岡洋右演説などDVD化− =>国際連盟総会での演説シーン、退場シーンが無料ダウンロードできます。


山口県生れ。 

1891年 11歳のときに実家の廻船問屋が倒産。
1893年 親戚を頼って13歳で渡米。 
1898年 オレゴン大学法学部入学。
1901年 オレゴン大学法学部卒業。

1902年(明治37)に帰国。
1904年外交官試験に合格、外務省に入省。 上海領事官補・関東都督府外事課長・外務書記官兼首相秘書官を歴任。 この間に,ロシアとアメリカに在勤し,ヴェルサイユ講和会議の全権随員・駐華総領事を命ぜられ,1921年(大正10)退官。

1927年(昭和2)満鉄副総裁。 
1930年衆議院に当選。
1933年国際連盟総会 首席全権で総会退場。
1935年満鉄総裁。
1940年第2次近衛内閣外相で日独伊三国軍事同盟を締結。
1941年日ソ中立条約を締結。これによって対米牽制を狙うも独ソ開戦で失敗。戦後A級戦犯で,公判中に病没した。

米国滞在を通じて、「道を歩いていてアメリカ人に衝突しそうになったら、絶対に道を譲ってはいけない。殴られたら殴り返さなければいけない。アメリカでは一度でも頭を下げたら、二度と頭を上げることはできない。」という信念を抱くに至った。

鮎川義介、岸信介、松岡洋右を総称して「満州の三スケ」という。

1932年10月、英語によるスピーチが巧みであるという理由で、松岡洋右はジュネーブの国際連盟特別総会に首席全権として派遣される。 彼は、12月8日、1時間20分に及ぶ演説を準備原稿なしで行った。

1933(昭和8)年2月24日:国際連盟総会。 会議の前に松岡はレマン湖畔、ホテル・メトロポール前で演説の練習を(大声で)したと伝えられる。
「リットン調査団」の報告書に基ずく対日勧告を42対1、棄権1で国際連盟が可決。 このことに怒った日本の全権代表であった松岡洋右は、「とうてい受け入れられない」と演説した後、自席へ戻らず、そのまま議場から退場し、3月27日、日本は国際連盟の脱退を宣言した。

松岡は失意のうちに帰国したが、国民は大歓声で松岡を迎えた。 新聞は『松岡の姿は凱旋将軍のようだった。わが国は始めて「我は我なり」という独自の外交を打ち立てるにいたったのだ』と報じた。 


<関連サイト>
日本外交の栄光と挫折 
-

アカデミー賞授賞式でのスピーチなどを紹介したサイト=>All About 映画で学ぶ英会話



保存版!スピーチで振り返るアカデミー賞

第78回アカデミー賞授賞式。 主要部門の受賞作・受賞者のアクセプタンス・スピーチ(受賞スピーチ)をクローズアップ。



スピーチに工夫 ゴールデン・グローブ賞

映画の都ハリウッドが最も活気づく映画賞授賞式シーズン。アカデミー賞の前哨戦と名高いゴールデン・グローブ賞の授賞式より、受賞者たちのユニークなスピーチをご紹介。


-

米国大統領のスピーチをはじめ、国連事務総長等のスピーチの中に出てくる語句を紹介。


1、 ブッシュ大統領 ラジオ演説 (2001年10月6日)より (出典: the White House)

2、 ブッシュ大統領 スピーチ (2002年3月1日)より (出典: the White House)

3、 ブッシュ大統領 ラジオ演説 (2002年6月8日)より (出典: the White House)

4、 コフィ アナン国連事務総長 世界食料サミットでの演説 (2002年6月10日)より

5、 コフィ アナン国連事務総長 2002年NANSEN REFUGEE AWARD CEREMONYへのメッセージ (2002年6月20日)より

6、 コフィ アナン国連事務総長 2002年第28回主要国首脳会談 記者会見での発言 (2002年6月27日より

7、 ブッシュ大統領 独立記念日演説 (2002年7月4日)より (出典: the White House)

8、 ブッシュ大統領 企業責任についての演説 (2002/7/9)より (出典: the White House)

、 コフィ アナン国連事務総長 コンゴ民主共和国とルワンダ共和国の和平合意に関する安全保障理事会での演説 (2002/8/8)より

10、 ブッシュ大統領 ラジオ演説 (2002/8/24)より (出典: the White House)

11、 ブッシュ大統領 国防総省での演説 (2002/9/11)より (出典: the White House)

12、 ブッシュ大統領 TV演説 (2002/9/11)より (出典: the White House)

-


政治家の英語の名言

歴史に名を残す政治家、リンカーン、チャーチルの格言を翻訳つきで紹介。

All About[50代からの英語]


-