一番確実な英語やり直し法テキスト (2006/5/2)

「一番確実な英語やり直し法テキスト」PDF版(43頁、492KB)の
無料ダウンロードはこちらをクリックしてください。


 一番確実な英語やり直し法テキスト


                                    − テキストのサマリー −


1、英語習得の秘訣は、以下の3点。

  
(1)英語習得の為の期限付き目標設定と具体的な学習計画立案。
  (2)目標達成のためのモチベーション維持法とスランプ克服法確立(メンタル面の管理)。
  (3)自分に最も適した英語習得の為の方法論確立(技術面の管理)。


  英語を習得するための自分に最も適した方法論確立(技術面)とその方法論を実践し、モチベーションを維持していくためのメンタル面の管理は車の両輪。

  まず主体(自分自身)の考え方、行動パターンを変えていかないと同じところで同じ過ちを繰り返す。 行為の主体(自分自身)を変えていくことが目的達成のため   の第一の重要課題。

 
 「最大の敵は自分自身。 自分自身の意志の弱さが最大の敵」


2、目標設定:「SMART(Specific, Measurable, Agreed-upon, Realistic, Time-bound)な目標設定とセルフ・イメージの明瞭化」

 
 (1)ビジョン(目的)
  (2)期限付き目標設定
  (3)目標達成時の自己イメージ
  (4)目標達成により得られる利益(物質面、精神面)
  (5)目標達成の為の代償
  (6)目標達成後の自己イメージ


3、自己分析 「今ある自分は過去の考え方、行動パターンの集大成」 「一事が万事。 良癖の習慣化。 悪癖の排除、改善。」


4、行動計画立案 「具体的な学習計画の立案。実践はPDCAサイクルに沿って」


5、メンタル・マネジメント  「行動を促すのは意志(心)」

  (1) モチベーション維持法具体例  「実行すると決めたのは自分自身」
  (2) スランプ克服法具体例  「夜明け前が一番暗い」


6、英語習得の技術  「自分に最も適した英語学習の方法論確立」

  (1)  コンセプト 「脳への刺激。楽しみながら学ぶEdutainment。」

    − 五感を総動員する
    − あらゆる媒体を最大限に活用する

  (2)  4技能を磨く 「実践を通して身に付けた英語力が一番役に立つ。 体で覚える。」

    − インプット編  「アウトプットを意識したインプット」
       リスニングについて
       リーディングについて

    − アウトプット編 「現場、本番を意識したアウトプット」
       スピーキングについて
       ライティングについて